Read Article

合格体験記2017速報版 【心理職】H.Kさん(千葉県合格)

H.Kさん 最終合格先:千葉県(心理区分)

公務員を志望した理由
やりたい仕事に就くための方法を調べたら公務員だったので志望しました。当初は安定や公務員だからという理由は全く考えていませんでしたが、学部卒でも専門職に就けることや、女性でも長く働き続けられるという点にも魅力を感じるようになり本格的に目指すようになりました。

■クレアールを選んだ理由
心理系公務員の受験を決めた段階で、試験に関する情報や勉強方法について全く分からなかったので、予備校を利用するのは決めていました。その上で、心理職の講座を持っている予備校の校舎に実際に訪問して話を聞いたり、疑問点を質問したりしました。クレアールはアポなしで訪問したにも関わらず、私の疑問に丁寧に回答してくださり、試験情報も分かりやすく教えていただき、ここなら目指せるかもしれないと思えたのでその場で入会しました。

クレアールのよかったところ
音声講義があったので、隙間時間や移動時間に手軽に復習できたのがよかったです。机に向かって勉強するのに飽きたときには、散歩しながら音声講義を聞いたりしていました。また、担任制もとても良かったです。通信制で周囲に心理職を目指している人もいなかったですが、いつでも担任の先生にメールで相談できたので良かったです。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
暗記科目に苦手意識があったので、心理学も全部暗記しなくてはいけないと思って構えてしまっていました。心理学は好きだったのですが、提唱者や定義などを暗記すると思うと範囲が広く憂鬱でした。しかし、実際の高橋先生の講義は、それぞれの背景や実験の映像なども交えた講義で、とても分かりやすくて楽しかったです。お陰で、何回も講義を見るうちに、無理に暗記するという意識もなく心理学の学習に取り組めました。苦手意識を持っていても、「1日に何分は心理学の講義を見る!」というように決めたり、疲れてない午前中のうちに心理学を勉強するなど工夫して勉強を続けたからこそ、最終的に心理学で得点を取れるようになったのだと思います。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
心理職の仕事がイメージでしか掴めていなかったので、インターンやボランティアを通して、実際に心理職の人が働いている現場に行って話を聞いたりするようにしました。面接はとても苦手だったし、さらに面接対策は一次試験の筆記が終わってからでしたが、色々な経験をしておいたことで、自分の経験をもとに具体的に話せたと思います。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
とにかく健康には気をつけてください。私は直前期に勉強が思うように進まない焦りから、睡眠時間を削り、コンビニの食事ばかりという時期がありましたが、体調を崩しさらに勉強が進められないという悪循環にはまってしまいました。何とか試験本番までに体調を戻せましたが、体調不良でそれまでの学習の成果が出せなかった、となっては悔やんでも悔やみきれないと思います。健康管理は万全にして、最後まで頑張ってください!

>>心理系公務員合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 2018年1月11日
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top