Read Article

合格体験記2017速報版 H.Kさん(長野県:総合土木)合格

H.Kさん 最終合格先:長野県(総合土木)

公務員を志望した理由
民間企業で培った技術や経験を生かして自分が暮らしている地域に貢献したかったため。
仕事上、公務員の方と接する機会が多く、仕事ぶりに憧れを抱いたため。
以前から転職を考えていたが、同業他社ではまた同じことの繰り返しになると思い、自分の経験を最大限に活かせる場所が公務員だと考えたため。

クレアールを選んだ理由
公務員試験対策を実施している通学型の学校も考えたが、説明を聞きに行った際に公務員試験についての説明がよく理解できず、費用も高額なため断念した。
通信教育での学習を考えクレアールに電話で問い合わせたところ親切丁寧に教えていただき、なおかつ費用も割安であったためクレアールを選んだ。

クレアールのよかったところ
担任制度を設けているところと、その担任の先生が映像講義にも出てきて親しみを感じた。
費用が安かった。
教材の量も多すぎずに頑張ればこなせる量であるところがよかった。
学習開始時期が1次試験の2ヶ月前であったが、前向きに学習対策などの相談に乗っていただけたところがとてもよかった。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
以前から資格取得のために勉強をするクセはついていたが学習する範囲が広範囲で間に合わないかもしれないと感じた。しかし、学習計画に沿って進めていったところ何とか1次試験までに既定の範囲を終わらせることができた。
苦手な科目や分からない問題がたくさん出てくると眠くなってくることがあったが、ハッカ油を嗅ぎ、眠気を覚ますようにしていた。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
志望動機と面接での受け答えが矛盾しないように気を付けた。
自己PRがすごく苦手であまり対策をせずに面接試験に臨んだところ緊張しすぎて何を話したか覚えていない状態になってしまった。
面接の想定問答を作成(パソコンで)し、空き時間にそれを確認して面接に備えた。また、答えを丸暗記するのではなく内容を覚えるようにし本番では自然な受け答えができるように気を付けた。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
難しい試験を突破して公務員になっても決して楽な仕事をするわけではありません。本音は一生安泰だからとか給料がいいからという動機もあると思います。しかしそれ以上に公務員になってこんなことをやりたい、地域をもっとよくしたいなどの熱い思いがないと公務員試験は突破できないと思います。
公務員を目指す方は情熱をもって臨んでいただきたいと思います。

 2018年1月11日
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top