Read Article

合格体験記2017速報版 【事務】L.Yさん(特別区Ⅰ類合格)

L.Yさん 最終合格先:[事務] 特別区Ⅰ類

■公務員を志望した理由
2年程前から、派遣社員として働いていたので安定したいという気持ちとこれからの人生色々な仕事を経験してみたいという好奇心で悩んでいました。1年程前に23区の役所で働く友人から区役所の仕事の幅広く、色々な業務を経験できるという話を聞き、公務員になれば私が悩んでいたことを解決できる仕事ではないかと思い、興味を持ちました。

クレアールを選んだ理由
クレアールを選んだ理由は2点あります。1点目は1講義が90分ほどにまとまっていて、仕事の後や忙しい時でも、少しずつ学習を進められるところ。他の予備校も話を聞きに行ったのですが、どこも1講義180分が基本だったので、仕事との両立が難しいのではないか、と思っていたので、クレアールの講義の短さにびっくりしました。2点目は、安心保証プランがあったことです。仕事を辞めないで公務員試験に挑もうと思っていたので、このプランがあるおかげで安心して、チャレンジすることが出来ました。

クレアールのよかったところ
通信制ではあるのですが、担任の先生が親身に話を聞いて、相談に乗っていただいてありがたかったです。
私は自宅も職場も都内にあることも手伝って、何度も校舎を訪れて、勉強方法を聞いたり、履歴書を見てもらったり、面接の練習をしたり、たくさんお世話になりました。すぐに悩みを相談できる環境があることは試験に挑むうえでとても心強かったです。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
単語の記憶がとても苦手でした。とにかく書いて覚えるために、記憶をするためのサブノートを作りました。そこに過去問フォーカスを解いて覚えていない単語やキーワードを書いていきました。時には自分で考えた語呂合わせを書いたりもしました。試験直前だと科目も多いので、それぞれの参考書を持っていくことは難しかったのですが、そのサブノートを使って復習することができたので、助かりました。

■面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
就職活動や転職活動を経験しているので、面接自体にはそれほど苦手意識はありませんでした。ただ、特別区の二次試験で3分間の自己PRを求められるのですが、初めはどのようにやってよいか全く分からず、とても戸惑いました。担任の島本先生に何度も添削してもらい、自己PRを見てもらいながら、作り上げていきました。そのおかげで、自信をもって本番に臨むことが出来ました。それが、合格につながったと思っています。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
公務員を目指し独学で勉強を始めたとき、一番困ったことは相談相手がいないことでした。どこを併願できるのか、どの科目から勉強すると良いのか、などなど細かいことから大きなことまで考えることはいっぱいありましたが、一人ではどうしたら良いかよく分かりませんでした。そんな相談に乗ってくれる場所を探して、予備校を探し、クレアールに出会いました。そこで相談に乗ってくれる担任の存在を得たことで、私は頑張れたと思っています。
公務員になるかどうかは一生に一度の決断だと思っています。予備校選びも、そもそも予備校を利用するかどうかも一生に一度の決断です。後悔しない挑戦になるように、自分に合う方法を見つけて、頑張ってください。

>>社会人経験者採用試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 2018年1月11日
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top