Read Article

合格体験記2017速報版 M.Mさん(地方上級福祉区分、保護観察官合格)

M.Mさん 最終合格先:地方上級(某県庁・福祉区分)、法務省専門職(保護観察官)

公務員を志望した理由
元々は教員を目指していました。大学での学びを通して、もっと広い範囲の人々や、社会の枠から少し逸れてしまったひとの力になりたいと思ったときに出会ったお仕事が偶然公務員だった、という感じです。さらに、自分のお仕事が一般的な利益よりも社会のパワーを目指すものだということが、とてもしっくりきたので受験を決めました。

クレアールを選んだ理由
まずは費用、そして通学に時間がかからないことが理由でした。さらに担任制ということで、常に誰かに声をかけてほしい自分にはあっているかな?と思い選びました。さらに受験を決めた時期がかなり遅かったので、その時期からでも受講可能かつ応援してくれる予備校を探し、説明を聞いて納得できたことも大きかったです。

クレアールのよかったところ
みなさん挙げられているかと思いますが(笑)、やっぱり担任制です。不安になったときや試験後の落ち着かないときに、誰かよくわかっている方に気軽にメッセージを送れるというのは大変大きな心の支えでした。
また、模試を直接出しに行ったときだったかと思うのですが、帰ろうとした際にまったく知らない先生が「頑張って勉強してね!」と声をかけてくれて嬉しかったな〜なんて思い出があります。あたたかい予備校だと思います。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
とにかく時間がなかったので、気持ちの焦りが尋常ではなかったです。クレアールに入った後も、学校のことでバタバタしてしまい実際に本腰をいれて学習に取り組むまで期間が空いてしまいました。それでも、講義の中で必要なところを担任の先生に相談して抽出していただいたり、自分なりにめどをつけて解説だけをみたり…という形で調節を行なっていました。

■面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接カードがなかなか形にならなくて苦しかった覚えがあります。面接対策の予約を入れた日まで、まったく文章に起こすことができず、そのまま面接対策でカード作りをしました(ほんとうにすみません)。自分で作成したときも、写真を撮って先生にチェックしていただきました。
実際の面接にあたって心がけたことは、「相手と会話をする気持ちで取り組むこと」でした。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
色々なことがギリギリだったので、いまだに受かったのが信じられません。でも合格したときほんとうに嬉しかったです!一年浪人も視野に入れていたので、とても驚きました。不安に思うこともたくさんあるかと思いますが、まずはチャレンジしてみることで拓けていく部分があるのではないかなと思います。応援しています。

>>福祉系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 2018年1月11日
Return Top