Read Article

合格体験記2017速報版 A.Hさん(警視庁心理職合格)

A.Hさん 最終合格先:警視庁職員(心理技術)、群馬県(心理判定員)

公務員を志望した理由
私は大学で心理学を学んでいたので、心理学を活せる職業に就くことができればいいなと考えていました。そこで大学1年生の冬頃から心理学を扱えるような職業について調べ始め、公務員の中に、児童相談所の職員や警察の心理技術職など心理学の知識を活かした仕事ができる区分があることを知り、公務員を目指すことにしました。

クレアールを選んだ理由
公務員試験は問題の科目数が多く、自分一人で勉強を進めていくことに不安があったので、公務員予備校に通うことを考えました。数ある公務員予備校の中でクレアールを選んだのは、まずは心理系公務員のコースがあったからです。また、何よりも入会前に相談にうかがったときに非常に親身になっていただき、心から安心できたことが大きな理由です。

■クレアールのよかったところ
クレアールは講義をWebで配信していて、自分の生活に合った勉強のスケジュールを柔軟に立てることができ、非常に良かったと思います。私の場合は大学の講義の合間の時間を使ってWeb講義を聞き、放課後はテキストの問題を解くなど効率よく勉強を進めることができました。効率よく勉強を進められるので、友達と遊んだり、旅行にいったりといった自分の時間も無理なく確保できました。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
学習するうえで苦労したのは、論文対策です。私は友人やクレアールの担任の先生に論文を見て添削をしていただきました。自分でも何度か添削し、書けていたつもりになっていても、他の人に見てもらうと自分では気づかなかったところを指摘されることが多く、論文対策は複数の人たちに協力してもらった方がいいと感じました。また、これは面接カードや面接の想定問答を作成するときでも同じだと思います。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接対策については、とにかく志望先の情報収集と自己表現の力を高めることが大切だと思います。公務員でもセミナーやインターンシップを開催しているところが多いので、私はそういったところに2年生の春休み~3年生の夏休みの間に足を運び、詳しい業務や職員の方々の話を聞いました。そのおかげで自分の志望動機や将来のビジョンをしっかりと練ることができたと思います。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
公務員試験は長期間の戦いになると思います。私はその中で適度な息抜きや周りに相談できる人がいることが大切だと感じました。私は、クレアールで無理のない勉強のスケジュールを組むことができ、また心配事があれば相談できる担任の先生や同じく公務員を目指す友人がいてくれたおかげで、最後まで戦い抜くことができました。これから公務員を目指す方々もぜひ、自分に合った勉強方法やペース、そして支えてくれる人を見つけながら試験に臨んでくさい。

>>心理系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 2018年1月11日
Return Top