Read Article

合格体験記2017速報版 H.Uさん(特別区Ⅰ類心理区分)

H.Uさん 最終合格先:特別区Ⅰ類(心理区分)、川崎市(心理区分)

公務員を志望した理由
私が公務員を志望した理由は、子どもや家庭、地域の問題に対して予防的介入を行いたいと考えたためです。大学院で専門的に心理学を学ぶなかで被虐待や不適応の経験が心身の発達に与える影響の重大さを理解しました。一方で、家庭や地域に対する支援の重要さも感じました。これらの支援に予防の観点から携わるにあたり心理職の立場から他職種や地域との連携や支援を行う必要性を感じ、公務員心理職を志望しました。

クレアールを選んだ理由
第一に、心理区分での受験をサポートできる塾が他にほとんど見当たらなかったためです。学校のキャリアセンターでは心理区分での受験についてあまり詳細な情報を得られなかったので、クレアールで様々な情報を頂くことができ大変助かりました。
第二に、学校との兼ね合いの関係で、定期的に授業に参加することが難しかったためです。大学院では不定期に研究や授業、実習等で忙しさが変化するので、通信で受講できるクレアールのシステムは私にとってはとても便利でした。

クレアールのよかったところ
クレアールの担任制度は大変助かりました。自分が思うように学習計画を立てられなかった際には、校舎で先生が直接親身になって悩みや不安を聞いてくださり、その上で私に必要な学習やその方法を提案してくださいました。また、提出書類の添削も、繁忙期にも関わらず大変迅速かつ丁寧に行って頂きました。公務員試験にあたって他の塾を利用していないのであくまで主観的な意見ですが、これほど丁寧に最後まで個別にサポートをして下さる塾はあまりないのではないかと思います。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
色々ありますが(笑)、1番は大学院との両立です。私の所属する大学院では、採用試験真っ只中の時期に課題や研究等が忙しくなる時期が重なってしまうので、深夜0時を過ぎても院生室で勉強や課題をしていることも少なくはありませんでした。このような中で睡眠時間を十分に確保することには苦労しましたが、移動時間を復習の時間にあてることで時間を捻出しました。睡眠時間確保のために食事をとりながら参考書を読んでいた時期もありましたが、一度激辛ラーメンのスープが参考書に飛び散った挙句に、私の目にもスープが入り院生室で一人のたうち回るということがあったので(笑)、それ以来リフレッシュのためにも食事の時には食事に集中することにしました。またストレスがたまった時には、友人に話を聞いてもらったり好きな食べ物を食べたりすることで解消していました。

■面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接の当日には会場の最寄り駅に遅くとも1時間前には到着するようにしました。私は時間にルーズなところがあるので、精神的にゆとりを持つことためにも、また直前に応答のイメージとレーニングをするためにも、前もって会場近くに到着することは有効であったと思います。イメージトレーニングには、クレアールで先生に頂いた、過去に受験した方の報告が大変役に立ちました。
また、面接中には背筋を伸ばすこと、分離礼をしっかり行うこと、相手の目を見てはきはきと話すなど、基本的なことですがこれらに気を付けていました。ちなみに服装に関して、女性の方は「公務員試験はスカートの方がいいのかな?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私は説明会から最終面接まですべてパンツスーツで参加しました。ご自身が自分らしく楽にいられる方で構わないと思います。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
たくさんの科目を何時間もかけて勉強しなくてはならないということに対して、絶望的な気持ちになることもあると思います。私は5日に1回は絶望していました(笑)。しかし、やりたいこと、なりたい自分を見失わなければ、きっと最後まで駆け抜けられると思います。何よりも自分の心身と、支えてくれている周囲の人を大切にしながら、目標に向かって頑張ってください!

>>心理系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 2018年1月11日
Return Top