Read Article

合格体験記2017速報版 T.Kさん(川崎市合格)

T.Kさん 最終合格先:川崎市(大卒程度事務区分)

公務員を志望した理由
両親が公務員の仕事をしていて、以前から公務員としての仕事には興味を持っていました。私は工学部なので事務職の公務員試験を受けるのはどうなのかと周りに反対されたり、私の中にも不安に感じることはありました。しかし、その中でも地域住民との関わりのある仕事をしたいと思い、地域に密着した地方公務員という職業を志望致しました。

クレアールを選んだ理由
大学の講義や研究室などでのゼミなど、予備校に通いながら勉強していく時間は中々確保することが出来ませんでした。そこで、この通信講座を選びました。知人の紹介でクレアールのことを知ったのですが、すごく安価な価格で充実した講義を視聴できるので、クレアールを受講して良かったと思っています。

クレアールのよかったところ
クレアールでは充実した講義内容以外に、過去問題集の解説や論文の添削、面接対策なども面倒を見て頂きました。特に過去問を解き進めていくことは、公務員試験において重要なことなので、過去問の解説は非常に便利で有難かったです。論文対策や面接練習も何度も行って頂いたので、フル活用していくことをお勧めします。担任の先生にもすごくお世話になったので、担任制という手厚い指導も良かったです。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
学習を進めていくにあたり苦労したことは、難しい内容に当たって中々演習をしていても知識が定着しなかった時です。壁に当たってしまっても繰り返し講義を視聴して復習したり、知識が定着するまで繰り返し演習を行いました。また、勉強漬けで集中力が切れてしまう時はタイマーをセットして30分勉強して5分休んでからまた30分勉強するなど試行錯誤しながら勉強に取り組みました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接対策においては自治体調べを沢山行いました。志望する自治体の区役所や名所を、直接足を運んで巡りました。その他にも担任の先生にお願いして何回か面接の練習を行いました。合格したいという強い気持ちを持って、しっかりと一生懸命、自分の気持ちを伝えることは大切だと思います。思いがけないことを聞かれても落ち着いて素直な気持ちを伝えました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
私は事務職の公務員試験を始めるに当たり、今までやってきた分野も全然違っていたのですごく不安でした。また私自身、要領も良くないので合格できないのではないかと何度も頭をよぎりました。そんな私でも、合格することが出来たので、頑張って勉強した甲斐がありました。皆さんも不安で上手くいかない時も是非諦めずに頑張って合格を勝ち取って下さい。

≫行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 2018年1月11日
Return Top