Read Article

合格体験記2016速報版 K.Kさん(松戸市経験者試験合格)

K.Kさん 最終合格先:松戸市(経験者枠)、川崎市(経験者枠)

公務員を志望した理由
現職では大学受験予備校の進路アドバイザーとして、生徒の志望校合格のための支援を行っていました。そこで、授業料の関係などで予備校に通えないという話などを聞いたことがきっかけで、子どもから高齢者までの生活そのものを支えていきたいと考えるようになりました。その結果、市役所職員を志望しました。

クレアールを選んだ理由
理由としては3点あります。①現職があるので、通信であること②昨年度面接で不合格だったため、面接対策が行えること。③昨年度不合格になった(新卒枠)とき、親身になって相談にのっていただき、社会人採用を進めていただいたこと。この3点より、私はクレアールを選びました。

クレアールのよかったところ
教養試験から、エントリーシート、論文、面接対策に至るまで、総合的に指導・サポートしていただけました。解説講義はもちろん分かりやすかったですし、空き時間に見るなどWebの利点を最大限に生かすことができました。私が特にお世話になったのが上村先生の模擬面接です。鋭い視点からの質問とアドバイスを頂けて私自身すごく参考になりました。本番でも落ち着いて答えることができました。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
現職があるのでとにかく時間の制約がありました。まずは1周することが大事で、その後何回か回していくことが必要だと思います。回数を重ねてなれることを心掛けました。そのためには、多少わからないことがあっても、どんどん先に進み、もう1周の時にまた考えればいいくらいの気持ちを持っていました。そうすることで、同じ問題パターンを覚えて、点数が取れるようになりました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
私自身は大学卒業後に空白期間もあり、また、誇れるような職歴もありませんでした。また、年齢も高めということがあったのかどうかは分かりませんが、昨年度受験した新卒枠(年齢制限ギリギリ)ではことごとく面接で不合格になってしまいました。そのため、社会人採用にシフトしました。面接対策で考えていたのは志望動機と自己PRを核にしました。そのために、公務員の仕事内容→何がやりたいか→では自分の能力のどの部分が生かせるか、というように考え、面接官が納得できる面接になるようにしました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
まだ私自身も公務員として働いているわけではないのですが、公務員の仕事内容は本当に幅広いと思います。行政職は定期的に人事異動がありますが、異動先では完全に別の仕事無いようになってしまうこともあるようです。それこそ転職したくらいに感じる場合もあるようです。そこまで幅広い仕事内容で、住民の役に立てる仕事はないと思います。これから私は公務員として働くことが楽しみです!
社会人経験者採用試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 

 2018年1月11日
Return Top