Read Article

合格体験記2016速報版 K.Kさん(特別区3級職主任主事Ⅰ合格)

K.Kさん 最終合格先:特別区(3級主任主事Ⅰ:事務)

公務員を志望した理由
出産を機に働き方や今後のキャリアを見直した時に、公務員が選択肢として候補にあがりました。公務員試験については無知でしたが、クレアールでカウンセリングを受け説明を受ける中で、目指して勉強をしてみたいと思いました。子どもを抱えて転職を考えた時に、一般企業では不利になるけれど、公務員では子どもを理由に落とされることはないというのも魅力のひとつでした。

クレアールを選んだ理由
社会人でしたので、①ウェブで講義が受けられ、校舎に通う必要がないということ②社会人向けのコースが充実していてノウハウがあることを重視して予備校を探しました。候補をいくつかに絞り、一番魅力的であったクレアールにまずは、カウンセリングを申し込みました。契約前でしたが色々と親身に教えていただいたので、他とは比べずに即決しました。

■クレアールのよかったところ
志望動機の書き方、論文の添削、面接の練習、面接カードの添削など丁寧にしていただけたこと。また、先輩方のデータがたくさんストックされていて、その情報をいただけたこと。独学で受かる方もいるとは思いますが、私の場合はサポートがなければ合格できなかったと思います。受験を決めてから試験まで期間が短かった中、効率よく勉強をして合格ができたのはクレアールのおかげと思っています。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
社会人で、しかも小さい子どもを抱えて、勉強時間を確保することは思った以上に大変でした。私は、準備期間が短かったため、優先順位を決めて勉強をしました。筆記試験は、配点の高く、解き方を身に付ければ得点アップが見込まれる数的処理のみ勉強しました。また、論文はできる限り多く書き、添削していただきました。論文を書くことは苦しい作業でしたが、書くことなしに上達はしないので、自分を追い込んで書きました。その結果、論文試験の時には落ち着いて、構成を練ってから答案を作成することができました。また、学習計画を立てることと、必要に応じてそれを修正することも大切であったと感じています。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接は、練習していただく中で先生から「話が冗長である」という私のよくない癖をご指摘いただいたため、結論を先に話すこと、だらだらと話し続けないことを心がけました。面接直前は通勤時間など隙間時間にも面接について頭の中でシュミレーションをし、良い返答の仕方や自分の大切にしていることなど思いついたことは携帯にメモし、後で面接対策ノートにまとめました。面接は自分と向き合い、色々と考えを掘り下げていく作業なので、苦しくもあり、迷ったり悩んだりもしましたが、サポートしてくださる方がいる幸運に感謝し、頑張りました。職務経験がうまくアピールできたかはわかりません。面接官は、やはり1つの受け答えだけではなく、全体を見ていると思うので、面接全体で好印象を与えれば良いと考え、前向きに笑顔で面接に臨みました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
社会人で仕事をしながら公務員受験を考えている方は、勉強時間が確保できず不安に思っていることと思います。しかし、時間のない中で勉強をしているのは皆同じです。クレアールに申し込むという選択をした方は、情報収集を自分でしなくとも予備校から色々なデータを貰うこともできますし、相談をすることもできます。予備校を活用することは、短期間で効率的に学習効果をあげるためには良い選択であると思います。また、すべてを完璧に勉強することは不可能に近いと思います。自分に何が足りなく、何をどの順番で勉強するのが効率的であるのか見極めて学習計画を立てて、学習を進めることが重要であると思います。これから公務員試験を受ける方々が、希望する道に進めるように願っています。

社会人経験者採用試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 2018年1月11日
Return Top