Read Article

合格体験記2016速報版 N.Yさん(特別区Ⅰ類、国家一般職合格)

N.Yさん 最終合格先:特別区Ⅰ類(事務)、国家一般職(行政)

公務員を志望した理由
自分がやりたいことが分からず就職活動をどうするか迷っている時に、家族にすすめられて勉強を始めるようになりました。公務員はデスクワークが多いイメージでしたが、調べていくうちに体を動かす仕事が多く、仕事の種類も様々であることが分かり、興味を持つようになりました。

クレアールを選んだ理由
どの予備校よりも低価格で受講でき、インターネットでいつでもどこでも何度でも受講できるという点が魅力的だったからです。私は低価格且つ自分のペースで勉強できる予備校を探していたので、その条件にダントツで一致していたのがクレアールでした。

クレアールのよかったところ
担任との面談や面接練習の予約がとりやすいところがよかったです。ほかの予備校は回数が決まっていたり予約が取りづらかったりするそうですが、クレアールでそのような悩みを持ったことはありませんでした。また、私は地方から面接練習を受けに行っていたのですが、その点を考慮してもらい、練習時間を通常の2倍の時間予約させてもらえました。

■学習するうえで苦労したことと、その克服法
途中で学習に飽きたり疲れたりしてモチベーションが上がらないことがありました。その克服方法として、勉強する場所を変えてみたり、一度勉強から離れて友人と思い切り遊んだり、公務員試験が終わったらやりたいことを思いつくだけ紙に書き出したりしてモチベーションを保つようにしました。勉強ばかりするのではなく、定期的なリフレッシュが大切だと思いました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接では常に笑顔でいることを心がけました。受け答えが微妙だったとしても、元気で乗り切れたことは何度かあったと思います。しかし、気づいたら笑顔ではなくなっていることもあったので、普段から意識して練習しておくことが大切だと思いました。また、ある面接で反応が良かった受け答えがほかの面接では微妙な反応をされたこともあり、面接官との相性が悪かったときでも動揺しないことが大切だと思いました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
私は全部落ちるのではないかと日々不安でしたが、公務員試験は最後まで何が起きるか分かりません。内定が出る最後まで気を抜くことなく努力し続けることが大切だと思います。受験しようと思えば数多くの試験があるので、視野を広くして1つの受験先に拘り過ぎに体調に気をつけて頑張ってください。

行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 2018年1月11日
Return Top