Read Article

合格体験記2016速報版 M.Sさん(横浜市 建築区分合格)

M.Sさん 最終合格先:横浜市(建築)

公務員を志望した理由
私は民間企業からの転職で公務員を志望しました。公務員は民間企業就職時から視野に入れており、仕事の業務が専門職なのに幅広いことに携われる点に魅力を感じていました。また、転勤もなく、前職よりも勤務時間も安定していることからワークライフバランスのとれた生活が送れると思ったからです。
民間企業での業務を数年経験し、今年前職の業務にひと段落したので丁度よいタイミングで転職できたと思っています。

クレアールを選んだ理由
建築の専門コースが選択できる公務員予備校が少なく、その中でクレアールは他の公務員予備校よりも料金が安かったからです。また、学習も仕事をしていた期間は夜中に勉強という方法しかできなかったので、WEB講義でしか受講できないと考えていたのでクレアールを選びました。

クレアールのよかったところ
WEB授業が速度を変えて受講できたので、既に分かる範囲は速く流すように勉強し、1日に勉強できる時間が限られている中でより多くの範囲を学習することができたと思います。
また、面接対策では何度も練習することができ、自分の回答に対しても「これは言わないほうがいいよ」と教わったりして本番の対策が取りやすかったです。また、志望した自治体の過去の受講生の面接内容を教えて頂いたので、本番の面接で同じ質問をされた時もありました。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
技術職だったので、一般教養試験の文系科目は暗記系が多く、どれから手を付ければよいか分かりませんでした。
また、手を付けた科目の中で、どの問題を得点源とすればよいか、わかりませんでした。どちらも、担当の先生に質問し、全科目の中で優先順位をつけて、優先すべき科目から時間をかけて学習し、あとの暗記系は1か月前など直前にまわしました。

■面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
クレアールの面接対策だけでなく、公務員で働いている大学時代の友人に会い、公務員の建築職の仕事内容や市の取り組みなどを教えてもらったり、エントリーシートを見てもらったりしました。また、受験する市を実際に散策して、風土や市の問題点等を自分なりに体感しました。
また、面接前日に必ずスポーツジムに行き、本番を迎えるようにしました。運動することでリフレッシュでき、気持ちが積極的になるので、自信がつき、発言も堂々とできました。時に面接時の話題になり、和やかになったことも数回ありました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
勉強や面接準備などで不安に感じる時期は必ずあると思います。その時はスポーツや趣味など、自分のモチベーションが高まることをして、リフレッシュすることが大事だと思います。不安な事を考えて手が止まる時間よりも思い切って別のことをした方が捗ります。悩む時間は無駄な時間だと思うので、何かわからなかったり、不安な事は先生なり友人なりに話をした方が、解決のきっかけをもらえるはずです。

技術系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 2018年1月11日
Return Top