Read Article

合格体験記2016速報版 M.Kさん(川崎市 事務区分合格) 

M.Kさん 最終合格先:川崎市 事務区分

公務員を志望した理由
学生時代、地域子ども会サークルに所属し、子ども達を集めて、遊び活動や季節ごとのイベントを運営していました。特にイベントの企画については、地域の方々(保護者の方)や子どもの意見を聞きながら行っていました。
この経験から、地域の方々と関わりながら、生活上の諸課題について解決していく仕事をしたいと思うようになりました。

クレアールを選んだ理由
既卒で、仕事をしながらの試験対策となりましたが、クレアールの通信講座は、空いた時間に自分のペースで受講することができるのが魅力でした。また、担任制度が設けられており、悩みや疑問等を直接お聞きすることができることもポイントでした。また他社と比較して受講料についてもリーズナブルであったことも決め手でした。

クレアールのよかったところ
講座の内容及びテキストが分かりやすくまとめっていて、良かったです。またマルチデバイスで、受講できることも大きかったです。音声データのダウンロードについても、通勤の合間に利用するなどして復習に活用することができました。特に苦手としていた経済学、民法等のメイン科目の講師の方々の質が高く、疑問点を残すことなく理解を深めることができました。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
社会人で、まとまった学習時間を確保することが難しい状況でした。志望先の試験科目に特化して勉強しました。
特に問題数が多く苦手科目であった経済学については、例年後回しにしていましたが、優先的に取り組むようにしました。出題数のウェイトに対応した学習時間の確保が重要だと感じました。講義の音声データをダウンロードし、通勤中に前日の内容を確認するなど、時間を有効的に利用しました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接対策というと想定される質問に対して、100点の回答を考えることに重きを置きがちですが、純粋な気持ちで回答することがその人について知ってもらえるという意味でも、重要だと考えます。質問者の質問から聞きたいと思われている点を把握し、回答+アルファの体験等の話もするよう心がけていました。何故その志望先を受験するかについてもよく下調べをして知識をつけるようにしました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
筆記試験より面接試験にウェイトが置かれている自治体が増えてきています。面接対策については、その場の対策よりもそれまでにいかに多く体験や経験をすることだと思います。勉強も大事ですが、公務員の特性とそれに関連した体験、自分が自信をもって語れる経験を1つでも用意することが重要だと感じます。頑張ってください。

行政系公務員合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 2018年1月11日
Return Top