Read Article

合格体験記2016速報版 T.Wさん(特別区Ⅰ類福祉区分合格)

T.Wさん 最終合格先:特別区Ⅰ類 福祉区分
公務員を志望した理由
現在、有料老人ホームに勤めています。日勤・夜勤と不規則な勤務や賃金などを踏まえ、今後の人生設計を考えた時にワークライフバランスのとれる公務員を志望しました。そのうえで、福祉の仕事には携わっていきたかったので、福祉系公務員の募集をしている自治体に焦点を絞りました。

クレアールを選んだ理由
不規則勤務なので通学形式の勉強よりも、通信制講義のものが適していると考えました。通信制講義の公務員対策をしている会社複数から資料を取り寄せて比較しました。勉強時間の確保が難しいため、的を絞った講義をしているクレアールを選びました。また、ある比較サイトで、「クレアールは通信制に特化している」とあったのもクレアールを選んだ要因の1つになりました。

クレアールのよかったところ
問題に出やすいところ、得点しやすいところなどに焦点を絞った講義がよかったです。市販の参考書ではそこまでの対策はできません。また、講義時間も1~1.5時間なので見やすい分量でした。参考書・問題解説の文面だけでは分からない箇所も、講義視聴だと理解することができました。担当講師とメールでやり取りができたので、どこから手をつけたらよいか、どのように勉強を進めたらよいかなど分からない点を聴けたのが心強かったです。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
講義視聴するうえでデータ通信量が多くかかることが難点でした。通信制源がかかると講義視聴ができなくなるため、無料Wi-Fiのある喫茶店・ファミレスなどを利用しました。自分なりのまとめノートをゼロから作って内容を整理しながら勉強を進めていきたかったのですが、それを行うと広い試験範囲を網羅することで困難になります。そこで配信されているPDFでのパワーポイントや講義ノート、問題集に書き込みをしました。ノート作成にかかる時間が短縮され、より集中しながら講義視聴をすることができ、効率性も上がったと思います。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接対策ばかりは、面接官とのやり取りになるため参考書・講義だけでは太刀打ちできないと考えました。1次筆記試験後は、担当講師との連携を密に取りました。直接会って指導をもらえるように予定を調整し、面接カードの添削、模擬面接などを行ってもらいました。クレアール本校までは距離があり、行くのに時間もかかりましたが、それ以上に価値のある指導を受けることができました。自治体の特性や試験傾向なども聴くことができ、各自治体に合わせた対策ができ、自信にも繋がりました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
私は仕事をしながらの公務員受験だったため、時間の確保が何よりの課題でした。しかし、サポート体制や環境を整えることで課題を乗り越えることができました。公務員受験は孤独な戦いかもしれませんが、しっかりとしたノウハウを持ったプロの手助けを借りながら乗り越えることができます。希望の進路を勝ち取れるように頑張ってください。

福祉系公務員を目指す方におすすめの講座はこちら

 2018年1月11日
Return Top