Read Article

合格体験記2016速報版 K.Iさん(東京都Ⅰ類B 行政・新方式合格)

K.Iさん 最終合格先(東京都Ⅰ類B 行政・新方式)
■公務員を志望した理由
大学の時に公共政策について学び、地域活性化に興味をもっていました。大学卒業直後は公務員にはならなかったものの、入社した企業が第3セクターということもあり、行政との関わりもあり、また自分たちの仕事が地域の発展に関わっているのを強く感じました。この企業でも一つの角度からは地域活性化に携わることはできるのですが、公務員であれば、一つの視点からではなく、様々な角度から政策を行う事で地域活性化に携われると思い、公務員に転職する事を決断しました。

クレアールを選んだ理由
働いているなかで公務員受験を考えていて、WEBで学べる事、また他の大手予備校と比べても、親身に考えてくれたからです。自分の働いている状況などを勘案し、勉強方法や講座選び、志望先などを含めて様々な提案を最初の相談のときからして頂きました。
私は東京都に就職しますが、私が相談する段階では東京都(Ⅰ類B一般方式)は専門論文等、勉強する事が多いので働きながら受験するには無理だと思い、受けるつもりがありませんでした。ですが、志望先、勉強方法まで提案をしていただいたおかげで、東京都(Ⅰ類B新方式)を受けることになり、最良の選択をすることができました。

クレアールのよかったところ
メールでのやりとりが直接担任の先生とでき、また面接や相談も比較的都合がつきやすかったことです。何か勉強をすすめている中で不安があったときはすぐにメール、あるいは電話して聞きながら進められたので、その場その場で最良の選択ができたと思っています。特に筆記試験が終わってからは、面接と面接の間はあまり時間がなかったので、スムーズに相談したり、面接の練習ができたりするのは他の受験生に比べて大きなアドバンテージだったと思っています。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
仕事の時間が長く、また仕事の休みが少なかったので、なかなか勉強の時間がとれなかったことです。
担任の島本先生に自分の状況を話し、限られた時間でやるべきことを組み立て、勉強するようにしました。また、配信してあるWEB動画も全てみるのではなく、自分でやってみて、解説を読んでもわからない場合に初めて見るなど、時間短縮するための工夫をしました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
仕事をしながらの受験になったので、志望動機等、話す内容を考える時間があまりとれなかった事が大変でした。筆記試験の勉強をしている段階から、少しづつでも考えていればもう少しスムーズに対策がとれてように思います。また、できる限り他の自治体の面接やグループワークも受験し、場数をこなし、第一志望の自治体受験の準備をしました。

■最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
人によって対策に割ける時間は違うと思いますが、それぞれの状況に応じてできる事が必ずあるので、それを最後まで諦めずにやり続ける事が大事だと思います。それをフォローしてくれる先生方がクレアールにはいるので、順調なときも、うまくいかないときも相談することで自分の今やるべき事がわかります。

行政系公務員を目指す方におすすめの講座はこちら

 2018年1月11日
Return Top