Read Article

合格体験記2016速報版 ほごちゃん(法務省専門職[矯正心理A区分]合格)

ほごちゃん 最終合格先:法務省専門職(矯正心理A区分)

公務員を志望した理由
元々非行や犯罪という分野に興味があり、非行少年や受刑者への好奇心を持っていました。日々世の中の報道を見ていると、非行をした時には大きく取り上げられますが、その後非行少年や受刑者はどのような生活をしているかは発信されることが少ないと思います。私はこのように一度道を誤った人々に対して、より適切な処遇指針を示すことで一助になりたいと思い、公務員を志望しました。

クレアールを選んだ理由
クレアールでは心理学・社会福祉学・教育学・社会学と心理・福祉系公務員受験に必要な専門科目がそろっています。講義の質も高く、しっかりと学べば他の受験生に差をつけることができると思ったので受講を決心しました。また、担任の先生のサポートも大変手厚く、今までの面接のデータも豊富にあるということも決め手の一つでした。

クレアールのよかったところ
一つ目は担任の先生のサポートが驚くほど手厚いというところです。いつメールしても担任の先生が迅速な返信をしてくださり、欲しい情報をくださります。また、面接カードの添削もとても丁寧にしていただけます。担任の先生はどうすれば自分が強みを相手に伝わるかを意識して添削してくれるので、よりレベルの高い面接カードを完成させることができました。それに加えて、面接カードを用いた模擬面接も何度もしていただきました。志望先に合わせて、独自の質問をしてくれるので本番でも緊張せずに面接に挑めました。実際の試験の面接は、先生にしていただいた模擬面接ととても似た形式だったので助かりました。
二つ目はレベルの高い心理学の講義が受けられるところです。独学では偏りがちな知識を幅広く教えていただけますし、最新の知見の心理学を踏まえた講義をしてくださります。記述講座で扱った内容は本番の試験でも見事に命中し、より高いレベルの記述を書くことが出来ました。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
私は昔から怠け者で、真面目に勉強するのがとても苦手な人間です。その理由もあり、受験直前も勉強時間を増やすことができずに苦労しました。その対策としては、専門科目で使う心理学の本を読みまくるという方法で克服していました。こうして好奇心のままに得た興味のある知識は覚えようとしなくても頭に残りますし、勉強のストレスを貯めずに知識を身につけることができました。また、苦手だった心理学の記述は高橋先生の講義を受けて、書き方を学ぶことで点につなげることが出来ました。

■面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
私は早口で滑舌がかなり悪いのもあって、面接対策ではとても苦労しました。その対策として自分の声を携帯で録音して改善するということを何度も繰り返しました。本番ではとても緊張するので、いつもよりゆっくり話すことを常に意識していました。
また、工夫したこととしては自分の経歴に常に一貫性を持たせるということです。なぜ自分はその分野の勉強やアルバイトをして、公務員を目指すのかというところまで一貫性を持たせると良いのではないかなと思います。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
怠け者の私が公務員試験を乗り越えることができたのは、同じ公務員を目指す仲間と切磋琢磨できたのとクレアールの先生の手厚いサポートのおかげです。公務員を目指す方にはぜひ勉強仲間を作って欲しいと思います。もちろん勉強は基本的に1人でやるものですが、記述対策などは他の受験生と回答と見せ合って学習するほうが効果的です。また、精神的健康の面でも友人は必要だと思います。
最後に公務員試験は筆記試験も大切ですが、それ以上に面接対策が欠かせません。面接カードを早めに入手して、まずは書いてみるのが良いと思います。皆様が公務員試験に合格しますように。

心理系公務員試験合格を目指す方にお勧めの講座はコチラ

 

 2018年1月11日
Return Top