Read Article

Vラーニングシステム

Vラーニングシステム

「非常識合格法」の学習効果を最大限に引き出す!

Vラーニングシステムとは、「合格必要得点範囲」をより効率性の高い学習で習得できるシステムです。時間に縛られることなく、自分のペースでじっくり学習に取り組むことができ、「学習したい」「問題を解きたい」と思った時に、すぐその場で取りかかることができる、映像ならではのメリットを活かした通信講座のための学習コンテンツです。

単元別カリキュラム

1回2時間半だった講義を、1回50~90分の単元に細分化

従来、通学教室講義の制約上、1回2時間半と決まった時間内で講義を行っていたため、いくつかの単元が数回の講義にまたがるなど、予習・復習のしにくい構成になっていました。そこで、クレアールのVラーニングシステムでは、映像学習の利点を最大限活かし、1講義=1単元と単元毎に細分化・整理しました。また、1回の講義が、内容に応じて50分~90分の講義で完結するので、ちょっとした空き時間を見つけて学習できるだけでなく、予習・復習のしやすいカリキュラムに生まれ変わりました。

単元別カリキュラム

Point.1  単元別に細分化した講義

高い集中力が維持しやすい50~90分完結型で、単元別に講義を展開。予め明示された押えるべき重要な知識・ポイントを、明確に整理しながら記憶することが可能となります。

Point.2  各単元の目的を明確にした「学習内容」を明示

初めて学習をする場合は、「いつから問題を解くの?」「どこを覚えればいいの?」、といった不安や疑問が多く出ます。そこで、1講義ごとに「学習内容」を明示し、何を学習するのかの目的を明確にします。

Point.3  講義内容にこだわった講義時間の設定

講義時間は、1単元50分~90分と、各単元毎の講義内容に応じて決められており、教室講義のように、長時間の決まった講義時間にしばられる必要がありません。単元別学習や苦手分野の繰り返しなど、ピンポイントでの予習・復習が可能となります。

ステップアップ型アウトプット

1. 映像講義のインプットと並行して、単元別に問題演習(一問一答式○×問題集)
2. インプットを終えたら、科目別の添削課題(四肢択一式)にトライ
3. 本試験形式の総合模擬試験(全4回)で、実力完成
4. 公開模擬試験で実戦力の最終チェックと弱点補強

ステップアップ型アウトプット

Return Top