Read Article

2020年合格体験記「クレアールに感謝です」 高橋 しのぶさん

高橋 しのぶさん

受験回数:2回(うち、お試し受験1回)

 

はじめに

私は社労士試験の内容とはまったく関係のない職種で働いていますが、会社の取得推奨資格の1つに社労士があったため、軽い気持ちで社労士資格を目指すことを決めました。

社労士資格を目指してからの約1年半、模試は他校の模試も受けましたが、クレアール以外の教材は使用せずに合格できました。

なぜクレアールを選んだか

合格率6%台の試験、さすがに独学では自信はないけれど、通学が良いのか通信が良いのか、どこの学校が良いのかさっぱり分からずどこも良さそう…と悩んだ結果、2年間の受講料が比較的リーズナブルなうえ、1年目のお試し受験料を負担してくれるという他校にはない優しさに惹かれてクレアールのセーフティコースを選びました。

クレアールで学習してよかった点

①過去問題集(分野別完全過去問題集)

クレアールを選んで良かったと一番感じたのは過去問題集です。他校は10年分のところが多いそうですが、クレアールは過去20年分が載っています!10年分では掲載されていないけど重要な問題も20年分あればカバーされているそうで、この過去問題集を繰り返し解くだけでも一歩リードできると思います。

②テキスト(完全合格テキスト)

最初、テキストはフルカラーが良いなと思っていましたが2色刷りで十分でした!というより、2色刷りの方が重要ポイントが分かりやすいと私は感じました。

③WEB講義

北村先生の基本マスター講義は集中力が持続しやすい20分程度で収録されているため、スキマ学習に有効活用できましたし、斎藤先生の基本錬成講義はとにかく初学者でも分かりやすく、時折出るダジャレ(?)にも和まされました。何より先生方の熱の入った講義のおかげで記憶にも残りやすく、最後まで挫折せずに続けられたのだと思います。

私の勉強方法

①勉強時間

(1年目)

 本格的に開始したのは6月。通勤や家事、食事、入浴など問題集を開けないスキマ時間は音声過去問やWEB講義を聴き、夕食後は0時まで机に向かう生活で、6月から8月の勉強時間は570時間程でした。

(2年目)

2年目は朝勉強を取り入れ、平日は朝1時間早起きして過去問、その他は1年目と変わらず、23時頃には寝るという生活を繰り返しました。2年目の勉強時間は730時間程になりました。

② 勉強の進め方

(1年目)

労働基準法から順番に、1つ講義を視聴したらその部分の過去問を解くことを繰り返しました。カリキュラムに含まれている学習のススメ方セミナーと北村先生の講義中に教えてくださる勉強法を素直に実践しました。ただ、学習スケジュールを詰め込みすぎて、消化できなかったものが多数ありました。

(2年目)

再スタート時にまず手をつけたのは年金科目。時間のあるうちに年金マスターになってやる!とひたすら過去問題を解き、毎日のように体系図を頭に叩き込みました。その後、健康保険、労働科目と進めたのですが、年金を早めに攻略したおかげでその後の学習がとても楽になりました。

また、一般常識はついつい後回しになってしまうので、毎日お風呂時間に解くことにしました。少しずつでも毎日やることで「いつの間にかこの分厚い問題集が終わった!」と自分を騙す作戦で、見事成功しました(笑)

③ 勉強方法

分野別完全過去問題集、答練マスター講義、ハイレベル答練等、クレアールから提供された問題だけを繰り返し解くことを最後まで貫き通しました。問題を解く時は単なる〇×ではなく、論点が何か、なぜ〇(や×)になるのかを考えながら解きました。2年目はさらに関連項目を思い出しながら横断整理することで科目ごとの混乱も減りました。問題集は何回繰り返したか分かりませんが、苦手な部分は10回以上繰り返した問題もあります。

④気分転換

直前までは週に1回勉強しない日を作ることが勉強を持続させる秘訣だと言われたりしますが、私にとっては勉強しないという罪悪感が逆にストレスでした。そこで朝とスキマ時間は毎日継続しつつ、夜は適度に休息日を作るようにしていました。

来年度合格を目指す方へ

社労士資格は勉強も試験も長期戦です。私はこの勉強を通じて、最初に戦略を立てることの重要さを身に染みて感じました。

同じように勉強している人はたくさんいますので、様々な勉強方法を参考に、まずは真似してみて、自分用にアレンジしていくのも手だと思います。

努力は必ず報われますので最後まで頑張ってください!

最後に

気軽な気持ちで始めた勉強でしたが、先生方の講義やこの勉強が繋いでくれた仲間のおかげで社労士業務にどんどん興味が出てきて、今後は社労士として頑張っていこうと思っています。クレアールに、そして北村先生や斎藤先生に出会えたことは私の財産です。あの時クレアールを選んで本当に良かった。ありがとうございました。

Return Top