ワンポイントアドバイス第65回 会計士になってよかったこと③ 就活の成功【公認会計士試験受験対策】

ワンポイントアドバイス(動画)

動画内容の要旨

後悔しない監査法人の選び方

私の就職活動は、①受験生時代の先輩会計士を通じた情報収集、②短答合格者採用として就職した監査法人内での出会い、③他法人への転職を前提とした合格後の就職活動の3つでした。正直、短答合格者採用で入所したときは、「早く働き始められるなら」という気軽な気持ちで、後の就活のときに熟慮すればよいと考えていました。でも、監査法人の中で働いていく中で、監査に対する情熱を持った人、めちゃくちゃ優秀な上司、海外出向制度や組織風土など、少しずつ魅力を感じるうちに、「この法人で勝負しよう」と決意しました。毎年、新たなチャレンジを繰り返し、失敗と成功を繰り返しながらも少しずつ成長を実感する日々を思うと、就活は成功だったと言えると思います。

 

質問コーナー

・受験生時代に、監査法人が主催している監査体験イベントや、監査法人ツアーに参加されましたか?

・前職が会計とは関係のない職の場合、就職活動で不利になることはありますか?

・就職活動では、自分なりの今後のビジョンを固めて、説明できるようにすることが必要ですか?

・監査法人は全国に拠点があり事務所があると思いますが、どこの事務所に所属するかは、希望できますか?転勤はありますか?

・ 論文式試験後に就職活動を始める場合は、論文式試験日直後から監査法人調べやイベントへの参加、志望動機の作成などでハードスケジュールになるのですか?

・受験生時代、監査法人の情報をどのように得ていらっしゃいましたか?(パンフレットやホームページ、文献など)

・監査の現場やクライアント先に出社する際、パソコンや資料など、荷物が多くなるという話を耳にしたことがありますが、実際はいかがですか?

・入所後の新入社員研修の期間は、どのくらいですか?一般的な入所が2月とすると、早速、3月決算の会社の監査の最前線に携わっていきますか?