ワンポイントアドバイス第56回  試験科目の意義② 「会計知識」≒財務会計【公認会計士試験受験対策】

ワンポイントアドバイス(動画)

動画内容の要旨

財務会計がメイン

財務諸表監査の対象が財務会計であることから、会計知識とは、一般に財務会計の知識を指します。ただし、財務会計のなかにも、原価計算やDCF法といった管理会計、経営学の概念が含まれているため、他の科目とのつながりを意識するとよいでしょう。

 

B/Sを試験科目で捉える

B/S全体:一般に公正妥当と認められた会計基準(GAAP)の適用方法、理論的背景を対象とする財務会計

資産:意思決定を支える管理会計、経営資源の配分理論を考える経営学(理論)

負債、純資産:資本政策、企業価値(将来キャッシュフローの見積もり、割引率)の算定≒負債、純資産の時価の算定を対象とする経営学(計算)