ワンポイントアドバイス第54回  STAY HOMEと勉強⑥ 読めばもっと勉強がしたくなる、会計専門書(3冊)【公認会計士試験受験対策】

ワンポイントアドバイス(動画)

動画内容の要旨

 

①新・現代会計入門 伊藤邦雄 著

会計を俯瞰的・体系的に理解できる良書。会計の歴史、IFRSコンバージェンスへの流れ、具体的な事例(IFRSの影響など)などが盛り込まれており、会計学をより現実の目線から捉えることができます。

 

②複眼思考の会計学 田中弘 著

IFRSの欠点と、日本基準の本質の理解に役立つ一冊。IFRSを批判する理論に触れることで、日本基準の会計理論を深く知るためのヒントを学ぶことができます。

 

③ビジネス・アカウンティング 山根節ほか 著

F/Sを「作る」から「読む」へ。ビジネス・スクールにおける会計学をベースに、財務諸表の読み方、分析の仕方を基礎から学べる本です。会計士試験、監査実務では直接学ぶことの少ない、会計情報の意味を深堀りすることで、会計学全体への理解が深まります。