ワンポイントアドバイス第51回  STAY HOMEと勉強③  監査のリモートワーク【公認会計士試験受験対策】

ワンポイントアドバイス(動画)

動画内容の要旨

新型コロナウイルス感染症の監査への影響

→現状の対応は、監査意見日の実質的な延期など(監査基準・会計基準の水準に変化なし)。

→これを期に、AIを含む自動化ツールがめまぐるしく発展する可能性がある。

 

監査手続への影響:原則、リモートワーク(往査なし)

①質問

経営者への質問、経理部との会議、監査役への結果報告会などがオンライン会議に

経理部への質問は、電話かメールに限定

②確認

書面での手続を変わらず実施。今後は電子化の推進が期待される(電子確認状システムはすでに4大法人で運用開始済み)。

③閲覧

原本の閲覧は現場で、電子化(PDF化)した紙面は自宅で手続を実施。

④立会

通常通り、実施。

⑤開示チェック

紙面に手書きで実施していたものが、PDF上でのチェックに変更。