【公認会計士試験受験対策】ワンポイントアドバイス第10回 「続ければ受かる」の落とし穴

ワンポイントアドバイス(動画)

 

動画内容の要旨

合格するためには、努力の量とともに正しい方向性が必要です。資格試験は基本的に任意で無期限のため「続ければ受かる」と言われることが多いですが、実際には方向性が誤っている限り合格することはありません。 会計士試験は専門家としてキャリアをスタートするために必要な基礎知識を問う試験です。だから、Aランクを中心とした知識が重要なのです。逆に、Cランクの知識は、合格後に実務で問われます。専門家の価値は、特定のCランク論点の知識の深さにあるからです。 また、努力の方向性を定めるうえで大切なのは、合格への覚悟です。任意だからこそ、100%自己責任だからこそ、継続するために受験動機の強さが問われます。本気で合格したいのか、それとも自分を変えるためと言いつつ現実逃避の手段に過ぎないのか。自分の覚悟を問う意味でも、期限を設定し、その範囲で全力を尽くしてみることをおすすめします。

以上です。