Read Article

非常識合格法に基づいた合格カリキュラム

非常識合格法を実現するカリキュラム

計算力養成期間

いよいよ学習スタート! まずは計算科目に絞って簿記1級までGET!

この期間では会計士試験の主要科目でもあり、且つ実力をつけるのに時間を必要とする計算科目(財務会計論・簿記、管理会計論)の土台となる日商簿記検定1級までを目標に学習します。また学習スタート時における個々のレベル(初学者、3級修了者、2級修了者、1級修了者)に応じて、講座を選択いただけます。

簿記3級講座

初学者を対象とした3級では、個人商店を取り上げ、日常必要な処理を一通り学習します。分かりやすい具体例を使って、楽しく理解できる講義を行います。

【学習内容】 1.簿記の原理 2.現金預金 3.商品売買 4.手形取引 5.その他の債権義務 6.固定資産7.資本金と引出金 8.決算(精算表)9.財務諸表 10.伝票会計

簿記2級講座

[商業簿記]

簿記の基礎的な知識をマスターした方を対象に、株式会社会計の簿記を中心に簿記の一巡の手続き、特殊商品売買、本支店会計、帳簿組織等を学習します。内容も3級に比べてより高度になるので、基礎知識を再確認し、実力アップできる講義を行います。

[工業簿記]

製造業の簿記の基本と製品原価の計算方法や原価管理のための標準原価計算、利益管理のための直接原価計算など、実務に役立つ内容を学習します。苦手としている方が少なくないため、身近な例を使って楽しく分かりやすい講義を行います。

【商業簿記学習内容】 1.現金預金 2.有価証券 3.偶発債務 4.商品売買 5.特殊商品売買 6.固定資産・繰延資産 7.引当金 8.社債 9.簿記の一巡の手続き 10.株式会社会計 11.決算(精算表・財務諸表等) 12.本支店会計 13.帳簿組織 14.伝票会計 【工業簿記学習内容】 1.工業簿記の基礎 2.費目別計算 3.部門別計算 4.個別原価計算 5.総合原価計算 6.標準原価計算 7.直接原価計算 8.CVP分析(固変分解) 9.本社・工場会計

簿記1級講座

[商業簿記・会計学]

会計理論と計算を一体化し、より効率的に学習を行います。3・2級で学習した会計の知識を基礎として、企業会計原則を中心に連結会計、為替換算会計、さらに新会計基準まで含めた会計理論も学習する講座です。商業簿記と会計学を関連させ、確実にマスターできる講義を行います。

[工業簿記・原価計算]

2級工業簿記と比較すると記帳技術よりも製品原価の計算および、標準原価計算の比重が増え、新たに経営意思決定のための計算も加わり難しくなりますが、広範囲でのレベルの高い内容をコンパクトにそして確実に理解できる講義を行います。

【商業簿記・会計学学習内容】 ①簿記の一巡の手続き ②一般商品販売 ③特殊商品販売 ④現金預金取引 ⑤偶発債務 ⑥棚卸資産 ⑦有価証券 ⑧固定資産 ⑨リース取引 ⑩減損会計 ⑪繰延資産等 ⑫研究開発費等 ⑬引当金 ⑭退職給付会計 ⑮社債 ⑯純資産会計 ⑰工事契約会計 ⑱本支店会計 ⑲税効果会計 ⑳外貨換算会計 ㉑キャッシュ・フロー計算書 ㉒一株当たり当期純利益 ㉓連結会計 ㉔企業結合分離会計 【工業簿記・原価計算学習内容】 ①総論 ②費目別計算 ③部門別計算 ④個別原価計算 ⑤単純総合原価計算 ⑥工程別総合原価計算 ⑦有価証券 ⑧固定資産 ⑨リース取引 ⑩CVP分析と最適セールスミックス ⑪差額原価収益分析 ⑫設備投資の経済性計算 ⑬企業環境の変化と原価計算

 

公認会計士講座

公認会計士試験科目(財務会計論、管理会計論、監査論、企業法、租税法、選択科目)の学習に入ります。その中でも、主要科目である財務会計論は簿記(計算科目)・財務諸表論(理論科目)に分けて学習していきます。 各科目とも講義(インプット)と答練(アウトプット)を繰り返していくことにより、着実に合格までに必要な実力を身につけることができます。

基本期 (短答・論文対策)

基礎的な知識を習得する時期です。計算科目については日商簿記検定レベルよりワンランク上げるとともに、会計士の専門分野の基礎を学習します。理論科目については、学習経験ゼロの方を対象に基礎力を徹底的に身につけていきます。短答式試験対策を中心に講座を進めていきますが、一部の科目については論文式試験も考慮した指導を行います。(応用期も同様)

応用期 (短答・論文対策)

基本期に学習した事項をさらに一歩掘り下げて学習し、より一層の理解を深めていく時期です。基本期において学習した知識を基にどんな問題が出題されても対応できるように、これまで学習した知識をいかに得点に反映していくかのトレーニングを行います。各科目とも講義と答練を連動させた効率の良いカリキュラム設定となっていますので、知らず知らずのうちに実力がアップします。

直前期 (短答・論文対策)

基本期・応用期で学習した内容で、特に重要な事項について反復して学習します。この時期に、基礎的な知識を十分確立しないまま新たな分野を学習することは非常に危険です。あくまでもこれまで学習してきた内容を答練で再確認し、特に出題可能性の高い論点を総まとめします。

論文対策期

いよいよ論文式対策に集中する時期となります。それまでに学習してきた科目(財務会計論・管理会計論・監査論・企業法)については、インプット(知識)の確認だけでなく、新たに論文式試験に対応するようにアウトプットを重視していきます。また短答式試験になかった科目(租税法・選択科目)についても本格的に学習を開始していきます。この時期に一気に論文式試験の合格レベルまで実力を引き上げていきます。

 

Return Top