Read Article

2020年合格体験記「宅建業法を完璧に、要所を抑えた講義で短期間で一発合格!」 S.Iさん

S.Iさん

 

なぜ宅建士資格を目指したのか

宅地建物取引士資格を目指したのは、宅建士の資格を持っている姉に、「履歴書に書けるし、就職につながる資格だよ」と勧められたことがきっかけでした。

クレアールを選んだ理由

もともと勉強が好きではない私に独学は難しいだろうと思い、通信講座を探していました。いくつもある講座からクレアールを選んだ理由としては、姉もクレアールで勉強していておすすめされたこと、6月も半ばを過ぎていて受講料の割引キャンペーンが行われていて費用面が抑えられたこと、2年間受講できるセーフティーコースがあったことが大きいと思います。1年目がダメでも2年目があるというのは、心配性な私にはとても魅力的でした。

教材が届いて

教材が届いてから、1か月ほどかけて宅建業法のテキストを終わらせましたが、その後はモチベーションが上がらず、たまにテキストを読み返すくらいで放置する期間がしばらく続いてしまいました。本格的に勉強を再開したのは試験の1か月前くらいからなので、実際に勉強した時間としては相当少なかったと思いますが、要点がまとめられた講義のおかげで効率よく学ぶことができ、なんとか試験までに一通りのテキストを終わらせることができました。また、大事なところは講義の中で繰り返し伝えていただき、復習として再度確認してくださるので、自然と頭に残りました。

クレアールの良かった点

講義動画が長すぎず短すぎないので、集中力を切らさず続けることができました。時間が記載されているので、事前に学習のスケジュールが立てやすかったです。

基本的には、講義動画を見たあとに問題集を解き、間違えたところをテキストで見直して、別の日に再度問題集を解いて見直すという形で学習していました。また、睡眠中に記憶が定着するという記事を読んだことがあったので、特に暗記したい部分のテキストを眠る直前に読み返して、目を閉じてからも語呂合わせを頭の中で反芻していました。

 

最後に

今回試験を受けて、宅建業法を特に重点的にやることで、本番には完璧といえるくらいのレベルまでもっていくことが大切だと感じました。宅建業法で詰まらずに解答できたぶん、他の複雑な問題について考える時間の余裕と、ある程度の点数が見込めるという心の余裕ができるので、限られた時間で行われる試験の中ではかなりプラスに働いたと思います。

短い勉強時間でも合格に至ることができたのは、しっかりと大事なポイントが抑えられた講義やテキスト、問題集のおかげだと思います。ありがとうございました。

Return Top