Read Article

「働きながらの学習でもWeb通信の利便性と分かりやすい講義で合格!」 野田 恵美子さん

司法書士合格体験記

野田 恵美子さん

宅建士資格を目指した理由

私が宅建士資格を目指した理由は、マンションの購入を考えており、少しでも不動産に関する知識を身に付け、自分自身で判断していきたいという思いがあったからです。また、私たちの生活の基盤である「衣・食・住」の住生活におけるもっとも重要な不動産のプロである宅建士には、あこがれがありました。これからの自分の人生を考えたときに、宅建士は、必ず生かせる資格であり、今からでも遅くないと考えたことも宅建士を目指した理由です。

クレアールを選んだ理由

勉強を始めようと思ったとき、どの教材がいいのか、また、独学で合格できるのかなど不安があり、インターネットで色々と調べているときに、市販されている教材を使用しながらその執筆者である氷見先生による授業をwebで簡単に受けられるクレアールを見つけました。さらに、受講料もリーズナブルで、教育訓練給付金の対象講座もあったことから、すぐにクレアールで勉強を開始することを決めました。

クレアールで受講して良かった点

私は会社に勤めており、子供も2人いるため、十分な勉強時間を確保できないという課題があったため、短時間で集中的に学習していく必要がありました。そんなバックグランドのなかで、クレアールを選んでよかったと感じた点がたくさんありました。まず、Webでいつでもどこでも講義を視聴できることです。ちょっとした空き時間にも学習できるのです。さらには、授業を2倍速で視聴できることも、時間のない私にとって、とても便利な機能でした。毎週金曜日に新しい授業が配信されていたので、配信されたものを次の金曜日までに全て視聴するように計画も立てやすい配信スケジュールでした。平日は通勤の電車の中で、休日は自宅やカフェで集中して勉強することができました。講義の内容にもとても分かりやすく、まぎらわしく、複雑な箇所などは、講義中のいろいろな場面で何度も復習できるようになっていました。

講義中には問題に取り組む時間もあるため、理解したことをすぐに問題を解いて知識の定着ができたと思います。講義に使用しているPDFを印刷できたり、音声をダウンロードできることも勉強を進める中でとても助かりました。また、添削課題や模擬試験、公開模擬試験も程よく配置されていて、モチベーションの維持につながったと思います。

これから学習をスタートする方へ

勉強方法についてのアドバイスになりますが、宅建試験は出題範囲も広く単なる記憶だけに頼っていたのでは、合格は難しく、理解学習こそが合格につながると思いました。氷見先生の講義は、なぜ?どうして?と思う部分は必ず講義の中で説明してくれていますし、まぎらわしく複雑な箇所は講義の中で何度も解説してくれているので、効率的に理解学習することができるのです。そして、問題を繰り返し解いてさらに理解を深めていくことが可能です。

知識をインプットして、その後に問題を解くことによって知識をアウトプットすることがとても重要です。インプットとアウトプットのバランスを考えながら勉強してみてください。

Return Top