Read Article

「氷見先生の講義、教材と諦めない気持ちで初の国家試験合格」 石川 里美さん

司法書士合格体験記

石川 里美さん

宅地建物取引士を目指した動機

これまで専業主婦をしており、資格とは無縁の生活をしておりましたが、不動産投資をしていた夫が、脱サラをして本格的に不動産ビジネスに参入することとなり、夫のビジネスをサポートしようとの想いから、一念発起して宅建士を目指すこととした次第です。

クレアールを選んだ理由

これまでの人生において、不動産業界で使われる専門的な言葉や法律用語などに触れる機会もなかったこともあり、流石に独学では無理と思い予備校での学習を模索しました。その中で、家事などのスキマ時間を利用して学習したかったことから、通学ではなくウェブで学習できるコースを探しました。ただ、実は今回は私にとって3回目のトライであり、過去2回については、1回目は何も考えず大手の予備校のコースを選び、2回目は独学で挑戦をしましたが、合格点には遠く及びませんでした。そのため、やはり自分に合ったコースを真剣に探す必要性を感じ、いくつかのお試し動画を視聴し、じっくり検討しました結果、クレアールの氷見先生の講義が、私にとって最も理解しやすかったことが決め手となり、迷わずこのコースに申し込むこととした次第です。

実際に氷見先生の講義を受けてみて、これまでは「記憶」することに重きをおいていたのですが、氷見先生の講義は非常にわかり易かったこともあり、「理解」することに方向転換することができたことが大きかったと思います。特に苦手だった権利関係が得意分野となり、この部分でこれまで取れたことのない高得点を取れたことが勝因となり合格することができたものと考えております。また、教材に関しましては、添削課題の分野別問題で反復して同じ分野を繰り返し取り組むやり方も、身に付きやすく良かった点だと思います。

4月からの学習スタート

4月から始め、学習計画はかなり大雑把なもので4つある項目をいつまでに終わらせる、といった程度のスケジュールでした。苦手意識の強かった権利関係は多めに時間をとり、特に丁寧に復習をしました。氷見先生の講義を聞いているうちに、今まで曖昧に理解していたところがクリアになっていくことを実感してくると、問題を解くことに楽しさを感じることもありました。一通り終わった後は、クレアールから送られてくる模擬試験4回分を繰り返し行いました。

2時間の問題を解く際、試験開始時間と分野が変わった時間をメモし、分野ごとに自分が割いている大まかな時間を計りました。試験では時間配分も重要になるので、事前に慣れておくようにしました。当日はクレアールの模擬試験の解答解説のみ持参したのですが、お守りの様に感じ、安心して落ち着いて本試験に臨むことができ、模擬試験と同じ問題もあり気持ちよく試験を終えることができました。解答速報で確認すると39点だったので、合格発表日までも穏やかな気持ちで過ごすことができました。

最後に

私が合格できたのは、氷見先生の講義、教材が良かったことと、最後の最後まで諦めなかったことだと思います。そして人生初の国家試験に合格した、という嬉しい気持ちは言葉では表現できないぐらいの達成感と同時に自分への自信に繋がります。苦手な項目、嫌いな項目ほど早めに対応して9月以降は問題を解くことに専念できるように頑張って下さい。

氷見先生、クレアールの皆様、本当にどうもありがとうございました。

Return Top