Read Article

2020年合格体験記「セーフティコースが心に程よい余裕を生む」 H.Kさん

H.Kさん

受験回数:3回(内、お試し受験1回)

社会保険労務士資格を目指した理由

私は会社員なのですが、学生時代に “この先就職をしたとしても女性である為『結婚』や『出産』、『介護』を理由にいつかは退職を検討せざるを得ない時期がやってくるのではないか”と思い、国家資格取得に興味を持った際、社労士の友人を持つ母から勧められたことがきっかけでした。

(その学生時代に勉強を始めたものの、この時は途中で挫折し、受験にまでに至りませんでしたが。。。)

クレアールを選んだ理由

1度本気の受験をした後、合格には運も必要だ!と割り切って、複数年掛けて受験することを受け入れました。しかし予備校にはお世話になり続けたいと考え、費用面を考慮した結果、クレアールのセーフティーコースにたどり着きました。

初年度の受験料は負担して頂けますし、たとえ初年度で合格出来ずとも、次年度は更なる費用負担がないことは、私に心の余裕を生みました。

一方、合格してしまえばお金が一部戻ってくることも、とても魅力的だと感じました。

クレアールで学習して良かった点

お値打ちな予備校を選んだので、正直最初は講義内容に期待をしておりませんでしたが、斎藤講師の説明はとても分かりやすく、聴き心地の良い講義内容でビックリしました。

お値打ちだからといって講義内容を簡素化している訳でもなく、基本は全て丁寧に、押さえるポイントもしっかり教えてくれる講義内容となっており、良かったです。

今思えば、コースを選ぶ際に “無理して上級コースを選ぶのではなく、基本をしっかり押さえられるコースが良い” と思って中級コースを選んだことが、本試験で択一:52点という結果を残せたことに繋がっているのではないか、と感じております。

主な学習方法

私は、基本(問題)の徹底に拘りました。何度も受験している方は特に理解頂けると思うのですが、新たな問題にぶち当たる度、とても細かい内容にまで手を出したくなるのですが、そこはグッとこらえ、過去問題の徹底、テキストや問題に基本マークや頻出問題とあるものは、繰り返し問題を解きました。

これが1番の近道だと今でも強く思います。

セーフティコースで良かった点

『クレアールを選んだ理由』にも記載させて頂きましたが、セーフティコースはお値打ちであること以外にも、私に心の余裕を持たせてくれたと感じます。

正社員としてフルタイムで働く傍ら、3歳児(現在4歳児)の母でもあり、限られた時間の中で張り詰めて勉強に取り組んだのですが、どうにも息が詰まりそうな時、『最悪、来年も受ければ良い!(受け続ければいつかは受かる!)』と思わせてくれたのは、このセーフティコースを選んだからだと思います。

最後に

あくまでも私個人の実感ではありますが、いくら“女性が社会進出を果たした”といっても、私が経験した環境は、(女性としては恵まれていたと思えるものの)男性と全く同じ様な環境ではなかったと思います。

ただ、そこをネガティブに捉えるのではなく、それなら“女性だからこそ出来ることをやろう!” と、 本格的に社労士の勉強に取り組み始めたのは産休・育休中でした。

その後、復職した後、試験に合格した訳ですが、これから再度産休に入る予定です。

次の長期休暇の間には、数ヶ月に及ぶ事務指定講習を受ける予定をしており、あれもこれもやりたい私は、再度復職した後(数年後)の、これから迎える40代がちょっぴり楽しみになってきました。

Return Top