Read Article

2020年合格体験記「音声ファイルを最大限活用」 浅田 昌範さん

浅田 昌範さん

受験回数:2回

はじめに

今年は、春先から新型コロナウィルスが流行し、社会的に混乱が続いている中であったことから、社会保険労務士試験自体が無事実施していただけたこと、受験対策講座を滞りなくすすめていただけたことに対し、本当に感謝です。ありがとうございました。

また、初めてクレアールの社会保険労務士講座を受講しましたが、斎藤先生の授業は声がとても聞きやすく、スムーズに理解することができ、繰り返し聴くことで、記憶を定着するのに本当に助かりました。ありがとうございました。

社会保険労務士を志した動機

ファイナンシャルプランニング技能士試験を受けていたことから、各分野をもっと深堀りしてみたいと感じていました。

このため、社会保障のスペシャリストである社会保険労務士を目指し学習をすることで、制度に精通できるようになることを期待して、受験勉強をはじめました。

クレアールを選んだ理由

社会保険労務士試験は範囲が広く、また働きながらの受験であることから通信講座を利用していました。昨年は他社の講座を利用していましたが、今年は2回目の試験だったため、法改正部分を中心にフォローしたいと考えたことと、一番の決め手になったことは、講座の価格でした。

また、難問である労働一般問題の対策を複数の講座を利用して学習したかったことからも、前年と同じ会社にしようとは考えていませんでした。

科目別学習法

ひたすら各分野の過去問を解き、理解することを行いました。通勤中は、講座の音声をダウンロードして繰り返し聞いていました。

今年の本試験を振り返って

振り返ってみると、まず試験がいつも通りに開かれるのか心配し、不要不急の外出制限がかかる中、試験を受けに行くことで、新型コロナウィルスに感染し、戻ってから勤務先に広めてしまうのではないかという恐怖がありました。

また会場に着いてからも、マスクをつけて長時間受験することから、体の負担は大きく感じました。 今年の受験環境はとても大変だったと思います。

このような環境のため、多少試験問題が簡単になるのではないかと勝手に期待していましたが、試験時に労働一般の問題を見たときは、今年も例年以上?な内容で固まってしまいました。

しかしながらしょうがないと割り切り、一番最後にやろうと気持ちを切り替えましたが、過去問対策だけではスムーズに対応することが出来なかったため、運と救済に救われたなぁと思います。

最後に

来年度の受験を覚悟し、来年に向けて社会保険労務士講座をどこにしようか考えましたが、やはり斎藤先生の講座が楽しみで、2021年の講座を申込みしてしまいました。このため、合格していたことを確認した時はうれしく、ほっとした半面、少し残念な気もしました。

パンデミックの状況下であっても、がんばろうと決断し、日々取り組めたことは、自分自身を成長させてくれました。来年に向けても状況は収束する気配はありませんが、このような中であっても、講座の提供を続けてくれた斎藤先生をはじめ、受験体制を支援し続けてくれたクレアールの社員のみなさまには本当に感謝しております。ありがとうございました。

Return Top