Read Article

2020年合格体験記「合格するまで諦めない!」 R.Wさん

R.Wさん

受験回数:6回

はじめに

 社会保険労務士試験は選択式が鬼門と言えると思います。択一式や総得点では合格圏なのに、選択式(特に労働一般、社会一般、労基法)で足切りにあう人がほとんどだからです。変な問題が出る年もありますので、そこで落胆せず何度でもチャレンジしていれば合格を手にする日がやってきます。

社会保険労務士を志した動機

 新卒で入職した職場で、会社が社員をいじめている現場を目の当たりにして、労使は対等と言われていても、実際には弱い立場にある労働者の味方になれる社労士になりたいと思ったのがきっかけでした。

クレアールを選んだ理由

家だとダラダラしてしまうので1年目は通学できる学校を探していて、1年目は地元に2つあるうちの1つの学校に通いましたが成果が出ず、2年目は環境を変えてみようと、通学先で知ったクレアール(1年目の学校がクレアール教材の提携校でした)で、北村先生の率直な言葉が信用できると思い、2年目~5年目はクレアールの通信講座一筋。いつも選択式で1点足りなくて落ちていたので、クレアールだけでも十分だと思っていましたが、YouTubeで他社のまとめ動画のようなものを見てから、合格年の6年目はYouTube動画も併用しながらクレアールで学習を続けました。

また、クレアールには2年セーフティコースというものがあり、一発合格すれば2年目の受講料は返還してもらえるし、1年目で合格できなくてもスムーズに2年目の学習に移行できる点も良いと思いました。

クレアールで学習して良かった点

斎藤先生の基本錬成講義はとても丁寧で細かく教えていただけるので、基礎を固めることができました。初学の方やもう一度基本をしっかり理解したいという方にオススメの講義です。

さらに、オプション講座の「3時間で7点アップセミナー」 (講師:北村先生)は、効果的な学習の方法をレクチャーしていただけます。その方法に則して勉強したおかげで合格できたと思います。この講座は配信されるのが直前期ですが、有益な情報が多いので受講する価値ありです。

クレアールのカリキュラムの効果的な活用方法

基本事項を学習する講義動画は全部で100時間以上あります。繰り返して何周も見るのが理想ですが、これができなくても、答練マスター講義やハイレベル答練の解説動画、直前期には「直前総まとめ」や「横断整理」があるので、自然と何度も目にすることになり、結果的に理解が深まったと思います。これらの講義動画と過去問題集で択一式の対策は十分できます。選択式対策についてはカリキュラムだけでは薄いと感じましたので、市販されている選択式専用の問題集を用意すると良いと思います。

おわりに

私は6回目の受験でようやく合格することができました。今年は、今までの勉強法で何が足りなかったのかをよく考え、メイン教材も変えましたし、勉強スタイルも変えました。昨年までと大きく変えたことに不安もありましたが、北村先生の「理解よりも暗記が大事」という言葉を思い出し、過去問偏重だったのを、とにかく「暗記する」ことにシフトし、語呂や図表を作ってどんな方法でも覚えようという気概で臨みました。今年は他社もYouTube動画も併用しましたが、それが効果を発揮したのは前年までの斎藤先生の基本錬成講義で基礎がつくられていたおかげです。今は、開業して新たな道に進めることが楽しみでなりません。みなさんも合格した後の姿を想像して受験勉強頑張ってください!

Return Top