Read Article

「スケジュールに沿って教材が送られてくるので通信でも継続できる」 H.Mさん

社会保険労務士合格体験記

H.Mさん

受験回数:4回

社会保険労務士を志した動機

公務員として、勤務しています。入庁してから、人事・労務の業務を希望し、採用試験、給与人事制度の調査、休暇規則等の作成、服務関係の取組み、労務組合交渉の関係、人材育成に関する業務を続けてきました。対外的に自己の能力を測ってみたいと思い定年退職後も視野に入れて、資格取得を志しました。

クレアールを選んだ理由

大手予備校の出席での講義で3年間合格できませんでした。2回目・3回目の受験では、択一式試験は合格基準に達していましたが、選択式試験で1点足らず、切望した救済科目にもならず、で2年続けて涙をのみました。

これを運が悪かったと思うのでなく、暗記不足と分析し、自らじっくり必要な知識を暗記することができていなかったからだと思い、受身の講義でなく、通信制の講座に変わりました。その中でクレアールを選択したのは、覚えるべき内容をしっかり絞って、提示してくれているように感じたからです。

具体的な学習方法

問題の演習を中心に、択一式の力を維持しながら、苦手な暗記を繰り返しました。そのほかは、特に横断学習を中心に、問題で出たところを他の教科ではどうだったかと問題解説、テキストを自ら確認、ノートに走書きで整理しながら、学習に取り組みました。

学習に関してはスケジュール管理が大切だと言われますが、クレアールでは、送られてくる科目、問題集そのものがスケジュールに沿っているので、あまり自分の計画をきっちり立てませんでした。

そもそも、仕事は、フルタイムで、部下もいるいわゆる中間管理職でしたので、1日1時間も学習の時間がとれない日が続くこともありましたし、家庭では、2人の男子高校生の母親でしたので、食事の支度、学校の行事や家事等であまりきっちり計画したスケジュールは作っても実行できません。

そのかわり、毎日の時間の使い方は、気をつけました。通勤時間、勤務終了後30分の喫茶店での休憩時間はテキストを持ち歩き、少しでも目を通りました。

クレアールでよかった点

通信講座では、継続が難しく途中でやめてしまう心配をしましたが、とてもこまめに次々と資料等が送られてくるので、新しいテキストを読む意欲が続きました。

特に過去の問題のセレクトは知識を保持するのに役立ちましたし、直前期の特別講座は、早送りにして複数回、見直しました。テキストの活字も大きくて、もうそろそろ老眼の私にも見やすかったです。試験の受験料も出していただけてコスト的にも助かりました。

今年度もう少しだった方に

昨年の私のように、択一式(実は昨年58点だったんです)は、大丈夫だったのに、選択式で涙をのんだ方は大勢いらっしゃると思います。運がなかったとそのせいにせずに間違えた問題を確認して、あなたの弱点に気付いてください。来年の合格は約束されたようなものです。

Return Top