思い立ったら吉日!2023年合格目指せ!初学者対象講座のご案内

「最年少合格者!コツコツと確実に自分のものにする学習で合格できました」 H.Yさん

H.Yさん

受験回数:1回

受講コース:一発ストレート合格セーフティコース

目次

社労士を目指した理由

大学2年19歳で行政書士に合格。次は、社労士か司法書士かと迷いましたが、司法書士だと2年の学習計画になり、就活のことも考え、社労士を選びました。行政書士合格という受験資格、加えて20歳での挑戦に、ちょっと誇らしげな気持ちもあったと思います。

クレアールを選んだ理由

クレアールの良さは、行政書士受講で確信済みでした。クレアールの講座は、万一不合格でも、翌年の受講料を払わずにそのまま2年目の受講ができるセーフティコースがあります。試験まで6か月を切っており、少し無謀な挑戦でしたので確実に一発合格できるとは限らず、負担なく学習が続けられるコースの存在はありがたいです。合格者返金プラン、試験受験料負担も、学習の励みになります。

クレアールで学習して良かった点

スケジュール管理がしやすく、1日の学習量の目標を立てて、取り組むことが出来ました。

学習方法

学習開始が3月に入ってからだったので、基本マスター講義を3か月で終わらせる計画を立てました。大変でしたが、コロナで大学へ行くことが週1回となり、学習時間は十分取れたことは助かりました。

午前中は、講義動画。速度を変えず、テレビに映し出し大画面でしっかり聞く。何回も聞くより1回で集中して聞くようにしました。そのあと、講義に対応する過去問を解く。

午後と夕食後も、過去問タイム。同じ問題をその日のうちに3回解くというやり方で、理解度を深める学習を進めました。とにかくひたすら集中して、毎日欠かさず学習する生活を守り続けました。

動画を見たら、すぐに問題演習。過去問集はテキストとも連動しており、すぐにテキストで確認できるようになっていたことも、学習するうえで、効率よく進めるのに大変助かりました。

ハイレベル答練は、学習してきたことの理解をより深めるのに役立ちました。

直前総まとめ講義は、速度を早めて理解の確認のために視聴しました。答練で、十分理解できているつもりでしたが、さらなる確認ができ、また、理解の不十分な箇所が見つけられて、助かりました。

試験を終えて

社労士の答練は、行政書士の時と比べて、やや簡単に感じられました。行政書士の時より、しっかりと過去問に取り組めたからかもしれません。本番は、過去問とは違って、難しくて焦りました。聞かれていることは同じなのに、内容が複雑になっていて、問題を読み込むのに時間かかった問題もありました。年々、難しくなっている気がします。

最後に

勉強は結局のところ、自分との戦いでしかありません。やる気の出ない日ももちろんありました。そんな中で、最後まで諦めることなく頑張れたのは、クレアールの講座のおかげだと思っています。6か月と短期間で、今年度の最年少で合格できたこと、誇りに思います。ありがとうございました。

講座パンフレットや特別セミナーDVDなどを無料でお届けします。
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方はこちらからどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる