思い立ったら吉日!2023年合格目指せ!初学者対象講座のご案内

「とにかく過去問を解きまくった1年間」 佐々木 恵さん

佐々木 恵さん

受験回数:3回

受講コース:上級スタンダードセーフティコース

目次

社会保険労務士資格を目指した理由

会社では昇格要件の1つとして資格の取得が定められており、資格取得を推奨するなかで自分自身もなにか難易度の高い資格に挑戦しないと、人事として説得力が無いと思い挑戦致しました。結果として業務にも役立つ知識を得ることが出来たので、挑戦して良かったと思っています。

なぜクレアールを選んだのか

以前は通学タイプの他校で勉強しておりましたが、業務との調整が非常に難しく通学スタイルに限界を感じていました。クレアールを選択した理由としては、通信・通学に分かれておらず、全員が通信だったことです。通学組との差が無いというのが1番大きい理由でとても魅力的に感じました。また、タイミングに恵まれておりキャンペーン価格でとても安く受講することが出来たので、こちらもとても魅力に感じました。

クレアールで学習をして良かった点

過去問が科目ごとにしっかりと配布される点が1番良かったと思っています。私は他校からクレアールに切り替えたため、どうしても講師の話し方や説明方法の違いに馴染むことが出来ませんでした。勉強方法を模索するなかで、講義は聞かずに過去問をひたすら解きまくる方法で勉強を進めることを決心することが出来たのも、科目ごとの分野別完全過去問題集の存在が大きかったと思います。分野別完全過去問題集を解き進めることで、この系統の問題が多く出題される等の傾向も把握出来ましたし、しっかりと重要なポイントを抑えることが出来たと思います。

クレアールのカリキュラムで有益または活用しやすかった点、効果的な活用方法

ある程度知識のベースがあったこともあり、私は講義を聞かず過去問と答練の問題を解くスタイルで合格をすることが出来ました。分野別完全過去問題集の冊子はとても分厚く心が折れかけますが、あれだけの量の過去問を何度も回せば、かなり力が付くのではと思いますし、自信にも繋がりました。ハイレベル答練は印刷して通勤時間や隙間時間に少しだけ問題を解きたいとき様に常に携帯していました。

学習を進めていくうえでのポイント

私は労働科目が苦手で社会保険科目が得意だったため、平日は社会保険科目、土日は労働科目と分けて勉強をしていました。常にいろいろな科目を勉強することで、得意科目の知識レベルをキープしつつ、苦手科目の知識のベースアップをし続けることが出来たと思います。暗記系については8月に入ってから一気に覚えると決めていたので、それ以前は細かい数値が曖昧でも理解出来ていればOKにしていました。最も苦手だった労働基準法については、過去問ベースだと解けるのに、模試や本試験だと解けないのは長文の読解に苦手意識があると気づき、とにかく日本語をしっかり読むことを意識しました。

学習で工夫したこと

常にいろんな教科に触れることで、横断的に知識を定着させるように心がけていました。過去問を解く際にも、労働科目だと〇〇だけど、社会保険科目だと××というように関連付けたポイントを付箋にメモして常に視界に入るようにしていました。また、過去問を何度も解くなかで、1回間違いは青付箋、2回間違いは黄色付箋、3回間違いは赤付箋と分けることで、どこが苦手な単元なのかがすぐに分かるように管理していました。

最後に

私は講義を聴くことはありませんでしたが、それでもクレアールで学習して良かったと思います。テキストも分かりやすいですし、発送スタイルや各種書類にも細かい配慮を感じました。合格に導いて頂き、ありがとうございました。

講座パンフレットや特別セミナーDVDなどを無料でお届けします。
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方はこちらからどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる