Read Article

2020年合格体験記「合格するまで諦めない」 平田 恵子さん

平田 恵子さん

受験回数:6回 (うち、お試し受験1回)

はじめに

私は労務・総務の仕事には関係ない医療職です。

社会保険労務士の仕事の内容を知らない人が多い職場です。仕事場を選ばなければ仕事にありつけるので目指す人も出会ったこともありません。

なぜ社会保険労務士を目指したか

(法律、又、何が本当か知りたかった)

1年に1度位でいろいろな資格を取得していました。お金に関する資格、簿記検定、年金アドバイザー、FP等の資格も持っていて、それ以上の難易度の高い社会保険労務士資格にも挑戦したくなりました。

また、年金定期便のよくわからない経過的加算も自分で調べたりしていましたが、今一つ理解できないので知りたいと思っていました。年金関係の講習会に行って、後で個別相談会に私の疑問点を面談者に相談しても、その人は1つも答えることはできませんでした。

私はその時点で半分くらい答えが分かっていましたが、確認の為尋ねましたが(わからない部分を的確にする為にいろいろ調べたので)その面談者の人がこれは社労士でないと分からないと言いました。その後、社会保険労務士から答えが送られてきました。

今までの仕事場・会社・病院勤務・社会生活でおかしいと思った事の真実が知りたかった(大企業から小企業まで勤務有・職種も違う)。20年以上前の話ですが、私は個人の会社と言っても法人になっている会社で雇用保険料を引かれていたが雇用保険に加入していなかったのです。

また働いている病院の就業規則が、退職する前の1ヶ月前から3ヶ月に変更された事もあります。民法で2週間前になっているのに、一般的に1ヶ月前が社会通念なので1ヶ月は許される範囲だと思うが、

アト確か?電通の高橋まつりさんのあんな激務が許されてきたのか?労働基準法で決まっているのになぜ?法の抜け道あるのではないか?等々です。

クレアールを選んだ理由

(コスパがいい)

とにかく受講料が安い!

他校の半額くらいで演習問題数は1番多いと思います。過去問題だけでは不安だがこの演習問題集(答練マスター講義、ハイレベル答練)を理解できれば合格に近くなる感じがしました。

サンプル講義を聞いてすぐに申し込みしました。その時にもクレアールの担当者に言いましたが‘思った以上だった と。

クレアールで学習して良かった点

私は合計で4年間クレアールの講座を活用しました。

4年と言ってもクレアール会員になってから最初の1年目で択一式問題は合格ラインに届きました。選択式問題の労働一般でベトナムかブラジルか迷いに迷って不合格になりました。この時も救済が入るかどうか合格発表まで嫌な日々でした。

他校では届かなかった択一式問題では合格ラインまでいくことができました。

選択式問題の労働一般か社会一般のアト1点に3年泣き、6年目(お試し1回)でやっと合格することができました。何故かクレアールの講座を終わりにしようとは思いませんでした。ああ、それとあの受講料で9千円強の試験料を出してくれるのには驚きでした。儲けでるのかしら?とも思いました。

 

クレアールのカルキュラムで活用しやすかった点

講義の動画の速度を変更できるのがいいですね。その時々で倍速を変えていました。またそのままの倍速で聞くより少し早めにしたほうが夜は眠くならなくていいです。これは、勉強法の本にも書かれています。集中力が増すようです。

試験に近づくとコンプリーションノート(直前期テキストです)が送られてきますが、とてもよくまとまっていてコンパクトでいいです。ここに最後の重要な部分を書き込み、摸試や試験会場にも持って行きました。全部の科目のテキストを持って行くことは不可能なので、でも試験当日の少しの時間でもチェックしたいですから、前もって何を持って行くか決めておいた方がいいと思います。

20年間の過去問題も他校にはなく、私は試験直前に10年前後の過去問題をチェックして数問そのままで出題されたことがありました。本当にコレは知っているか知らないだけの問題もありました。試験問題を作成する人からしたら一般的に手がかからなくて簡単に作れますからね。

今年の本試験を振り返って

(クレアール、選択問題の社会一般常識、2点救済当たり)

なんか今年は合格するような気がしていましたが、もし不合格でもアト1点足らずで5年間かかった人の話を斉藤先生や他の先生から聞いていたので、よし5年だな。ともう開き直りの感じでした。

去年までは勉強していても試験が近づくと、変なドキドキ感があったが今年はそれがあまりありませんでした。

私は案の定、選択問題の労一・社一の一般常識が2点でした。どの学校も労一は2点救済が入るが社一に関しては2点救済を言っている学校のほうが少ない。でもクレアールは今までの情報・資料から2点救済になることをハッキリと断言していました。すごい!心強かったです。

最後に

毎日、勉強することが私の生活の一部になっていました。そして必ず何かをする、できれば数科目、目を通す。逆に勉強しない日があると変な感じがしました。

諦めなければ合格できます。私はスタート時の自分の目標の3年の倍の年数がかかってしまいましたが途中でやめなくて良かったです。

そして社会保険労務士として事務指定講習を受講して登録します。

Return Top