司法書士の資格ありなら可能?中小企業診断士の独立開業について

独立開業を目指す場合、資格は多いに越したことはありません。司法書士として開業を目指す場合に、仕事の幅を広げるダブルライセンスとして中小企業診断士などの別資格や、開業の際に複数の資格を持っていることのメリットなどをまとめました。

司法書士とのダブルライセンスでおすすめ“中小企業診断士”とは

中小企業診断士という資格は、簡単に言えば経営コンサルタントの国家資格です。中小企業から経営についての相談を受け、専門知識を用いて助言を行うというのが主な仕事内容になります。大企業は独自にコンサルタントを雇っている場合が多いのですが、日本における企業のうち9割以上を占めている中小企業の中には、常にコンサルタントを雇用している余裕がない会社も多くあります。そんな中小企業が、必要に応じてコンサルティングを依頼できる存在が中小企業診断士であると言えます。この資格は司法書士の独立開業を目指す人以外にも、自分が勤めている会社でその知識を役立てるために取得するという人も多いのです。経営に関する幅広い知識を身に付け、経営方針の見直しやより良くするためのアドバイスを行えるので、独立という目的の有無に関わらず、ビジネスパーソンに人気の資格になっています。

司法書士の開業におすすめのダブルライセンス

司法書士の資格があれば、もちろんそれだけでも独立開業することができます。しかし、中小企業診断士など、その他複数の資格を持っていれば強みになりますし、こなせる業務の幅を広げることにも繋がります。司法書士のダブルライセンスとしておすすめの資格は以下の記事で詳しくご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

司法書士とのダブルライセンス?!役立つ隣接資格と制約について

どのような資格がダブルライセンスに向いているのかは、人それぞれであると言えます。例えば、中小企業診断士は企業に対してコンサルティングを行うため、司法書士の法律関係の業務にプラスアルファの価値を生み出し、独立の際はかなり有利に働くと言えるでしょう。法律の知識とコンサルティングの知識を併せ持つことで、収入の安定にも繋がります。

司法書士と中小企業診断士の兼業のメリット

司法書士と中小企業診断士の資格を持っている場合、どんなメリットがあるのでしょうか。本来であればそれぞれの資格だけでも独立開業が可能なこの2つの資格を合わせて持っている場合、そのことによって行える業務の幅が大きく広がるというメリットがあります。例えば、中小企業診断士として受けたコンサルタント業務の結果、法律に関しての手続きが必要と判断した場合には続けてその業務も請け負うことができます。相談をする中小企業側としても、コンサルタントと法律関係の手続きを別々の場所に依頼するよりも効率的です。法律に関する知識が豊富であることも、コンサルタントを行う上で大きな強みとなります。ダブルライセンスであることで、他のコンサルタントとの差別化がはかれるのはもちろんのこと、特に司法書士の資格も持っていることで司法書士としての仕事もこなせることになります。独立後に多くの人が直面する集客の難しさという問題にも対応できると言えるでしょう。

司法書士と中小企業診断士の兼業は可能か

司法書士と中小企業診断士の兼業は可能なのでしょうか。司法書士は、法曹界で司法試験に次ぐ難易度を誇る資格です。合格率の低い難関試験であり、資格取得のためには相当な努力が必要になります。中小企業診断士の試験は、科目合格制や有資格者の試験免除制を取り入れており、社会人経験があり従事してきた仕事に専門性があると合格しやすいものになっています。
2つの試験に共通しているのは、受験資格がないということです。受験資格に学歴の条件も年齢制限もなく、努力次第で誰でも取得できる資格であると言えます。この2つを兼業することが可能であるかについては、業務内容が大きく異なっているので難しいと考える人もいるでしょう。しかし、2つを兼業することは可能です。コンサルタント業を行う中で、法律に関する知識はもちろん役に立ちますし、司法書士にしかできない手続きを行うこともできます。兼業をする場合、受注する仕事の量やスケジュール管理などを意識的に行う必要はあります。

まとめ

司法書士の資格を持っているだけでも独立開業が可能ですが、独立後の事務所経営をより確実にするためにもダブルライセンスは有効な手段です。特に中小事業診断士の資格は司法書士の仕事と密接するコンサルタント業務を請け負うプロと言えます。より一層の集客や、司法書士業務からコンサルタント業務へのスムーズな移行も期待できます。資格取得は容易ではありませんが、その後の経営のことを考えると頑張って取得しておいて損はないと言えるでしょう。