お得な割引キャンペーンのご案内

行政書士になるには?高卒でも大丈夫?資格や試験の概要についても解説

行政書士になるには?高卒でも大丈夫?資格や試験の概要についても解説

行政書士は、人々の生活にとって最も身近な「法律の専門家」です。行政書士資格取得を考える人の中には、仕事内容や資格取得のメリット、試験概要が知りたい人も多いでしょう。この記事では、行政書士試験の難易度や合格までに必要な勉強時間などについて、詳しく解説します。

目次

行政書士とはどんな資格?

行政書士のバッチの画像

「行政書士」は、1951年成立の「行政書士法」によって誕生した、法律に関わる国家資格です。行政書士の主な業務には(1) 官公署へ提出する書類、権利義務や事実証明に関する書類を作る「書類作成業務」(2) その申請を代わりに行う「許認可申請の代理」(3)クライアントからの相談を受け、アドバイスを行う「相談業務」があります。

このような業務を担当することから、行政書士は生活に最も身近な「法律の専門家」と言われることが多いです。法律に関する国家資格として、他に税理士や社会保険労務士、司法書士などがあり、行政書士はこれらの資格と比較すると、業務範囲が幅広いのが特徴です。
また、行政書士は独占的業務に加えて、弁護士や司法書士が扱う業務の一部を行うこともできます。

行政書士資格を取るメリット

行政書士資格を取得すると、キャリア面において複数のメリットが得られます。ここでは、行政書士資格を取るメリットについてそれぞれ解説します。

行政書士資格を取得すると、行政書士事務所に勤務する以外にも、将来的に独立・開業するというキャリアプランを考えることができます。実務経験がなくても独立・開業を目指すことができるので、資格取得後にすぐ開業をすることも不可能ではありません。 行政書士事務所は自宅でも開業でき、比較的、開業資金を抑えられるため、気軽に開業ができるのも魅力のひとつです。

行政書士資格を取得すると「専門試験を突破するだけの学力と意思がある」「法律の知識がある」といった評価が得られます。これは転職の際に有利に働くだけではありません。現職においても、法務に携わっていない場合は配置転換のきっかけに、または既に法務に携わっている場合には昇進の足掛かりとなり、キャリアアップが期待できます。

行政書士の取得には、憲法・民法・行政法といった日常生活に密着した法律科目の勉強が必要であり、他の法律系資格を取得する際にも役立ちます。また、行政書士試験は司法書士・弁護士試験などと比べて試験の科目数が多くありません。そのため、比較的取り組みやすい国家資格といえます。

行政書士になるには

行政書士に向けて勉強している様子

行政書士になるための方法は、主に3つあります。ここでは、行政書士になるための方法について、具体的に解説します。

行政書士試験に合格する

行政書士になるための最もスタンダードな方法は、行政書士試験に合格することです。日本行政書士会連合会の調査では、行政書士登録者の約70%が試験合格者であるという結果が出ています。
なお、行政書士試験合格率はこの10年間は10~15%の間で推移しており、人数にすると1年に4,000名から6,000名が合格しています。

弁護士・弁理士・公認会計士・税理士資格のいずれかを取得している

弁護士や弁理士、公認会計士、税理士の資格を持っている人は、登録をすれば行政書士試験なしで行政書士になれます。ただし、これらの資格は行政書士より難易度の高い国家資格のため、行政書士を目指す人にとっては必ずしも最短ルートとは言えないかもしれません。

公務員になり行政事務を一定年数以上経験する

公務員として一定期間以上勤務した人は、行政書士試験を受けることなく、登録をすれば行政書士になれます。
具体的には、国・地方公共団体の公務員、および行政執行法人や特定地方独立行政法人の役員・職員として、行政事務を17年以上(中卒の場合は20年以上)経験すると、無試験で行政書士登録が可能になります。

欠格事項に該当しないこと

行政書士法第2条の2の「欠格事由」には、行政書士となる資格を有しない者の規定が定められています。その一部は以下の通りです。

  • 未成年
  • 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
  • 禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることが無くなってから3年を経過しない者
  • 公務員で懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から3年を経過しない者等

行政書士になるためにかかる費用

行政書士になるための費用には「試験合格のための費用」と「試験合格後の費用」の2種類があります。試験合格のための費用とは、つまり勉強費用のこと。スクールへの通学や通信講座の受講、独学など、勉強の手段はいくつかありますが、いずれにしても費用がかかります。
効率良く学ぶためには、スクールへの通学や通信講座の受講がおすすめ。この場合、約10万円~30万円の費用が必要です。

一方、試験合格後の費用とは「日本行政書士会連合会」の行政書士名簿への登録費用のこと。登録費用は各都道府県によって異なりますが、事務手数料などを含め合計で25万円程度がかかります。それ以外にも、毎年5万円~10万円の年会費(※行政書士登録をする県や支部によって異なる)がかかるため、注意が必要です。

行政書士試験の概要

7月第2週7月下旬~8月下旬11月第2日曜翌年1月第5週翌年2月中旬~下旬
試験要項発表受験申込期間試験合格発表合格証の送付

行政書士試験は例年7月に試験要項が発表され、11月に試験が行われます。試験科目「行政書士の業務に関し必要な法令等」(出題数46題、択一式および記述式)と「行政書士の業務に関連する一般知識等」(出題数14題、択一式)があります。試験時間は3時間です。

この情報はあくまでも例年の情報のため、必ず最新の情報を行政書士試験研究センター公式ホームページから確認しましょう。

(参考:一般財団法人 行政書士試験研究センター公式HP

行政書士試験に受験資格はある?

書籍の画像

行政書士試験には受験資格の制限がないため、年齢や学歴、国籍などに関係なく、誰でも受験することが可能です。そのため、法律関連の国家資格の登竜門として挑戦する人も多く、17歳や18歳の合格者も毎年のように出ています。

行政書士試験の難易度

行政書士試験合格率は毎年10%~15%の間で推移しているため、行政書士は難関国家資格といえるでしょう。ただ、司法書士や社会保険労務士といった他の法律系資格と比較すると試験科目数が少ないため、比較的、取り組みやすい国家資格といえます。 同レベルの難易度の資格として、宅地建物取引主任者が挙げられます。

行政書士試験合格までに必要な勉強時間

本を開いて勉強している様子

行政書士試験合格に必要な勉強時間は、これまで法律を学んできた方や、他の法律系資格を保有しているかなどによって異なります。一般的に必要とされる勉強時間は、独学で勉強した場合には800時間~1000時間程度。また、スクールや通信講座を利用した場合には600時間~800時間程度の勉強が必要といわれています。

行政書士試験は、難関国家資格であり、簡単に合格することはできません。効率良く学ぶためには、スクールへの通学や通信講座の受講がおすすめです。

行政書士試験合格に最適な方法

行政書士試験の勉強は長時間の勉強を必要とするため、長い道のりになりがち。合格率も低く長期にわたって仕事と勉強を両立しながら合格を目指すため、独学では難しいでしょう。綿密に学習スケジュールを立て、効率良く学ぶことが大切です。そのためには、スクールへの通学や通信講座の受講がおすすめです

クレアールでは「非常識合格法」という学習方法を採用し、効率的かつ質の高い学習で短期での合格を目指すことができます。

行政書士になるため、最適な勉強方法で短期合格を目指そう

行政書士は、人々の生活にとって最も身近な「法律の専門家」です。行政書士になると、独立・開業ができたり、転職・キャリアアップに有利に働いたりするといったメリットがあります。しかし、行政書士は難関国家資格であり、合格のためには時間も費用もかかります。行政書士試験合格に向けて、最適な勉強方法を選択し、短期での合格を目指しましょう。

行政書士に合格するためには、綿密に学習スケジュールを立てることが必要不可欠。効率良く学習するために、クレアールでは「非常識合格法」という学習方法を採用しています。クレアールでの効率的かつ質の高い学習で、ぜひ短期での行政書士試験合格を目指しましょう。

監修:行政書士・社労士 田中 伴典さん

2016年に社会保険労務士試験に合格後、社会保険労務士法人のスタッフとしてお客様を外部からサポート。その後、民間企業の人事として内部からサポートしつつ、2021年に行政書士試験に一発合格を果たす。現在は、現役行政書士・社会保険労務士として自身の事務所を運営している。

田中社会保険労務士・行政書士事務所のサイトはこちら

講座パンフレットや特別セミナーDVDなどを無料でお届けします。

講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。

講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方はこちらからどうぞ。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次