Read Article

宅建を持っていると行政書士の資格試験に有利ってホント?

宅建を持っていると行政書士の資格試験に有利ってホント?

行政書士と並んで人気の高い国家資格に「宅建(宅地建物取引士)」があります。
宅建は資格試験の中でも比較的合格率が高く、取得しやすい資格の一つ。
すでに宅建を取得したという方や、宅建取得に向けて学習中という方もいるかもしれませんね。

実は、宅建を持っていると行政書士の資格取得で有利になるとご存知でしょうか?
しかも、宅建と行政書士の資格は両方持つことで仕事の幅が広がる、とても相性の良い組み合わせなんですよ。

宅建を持っていると行政書士資格を取りやすい!?

宅建を持っていると行政書士資格を取りやすい!?
では、どうして宅建を持っていると行政書士の資格取得をしやすくなるのでしょうか。

第一の理由として、宅建を持っている人は「資格取得のための学習」の経験があるという点が挙げられます。
社会人になると、継続的に学習を続ける機会というのは意外とないものです。
日々の生活のなかに学習のための時間を作ったり、学習の意欲を保ち続けたりというのは大変なことで、宅建取得のために身につけた学習習慣は大きな強みになります。

第二に、宅建試験のための学習内容は、行政書士試験にも役立つという点が挙げられます。
宅建試験では民法について学ぶことになりますが、行政書士試験でも民法の問題が出題されます。
しかも、民法の問題は出題数も多く配点も高いのです。
あらかじめ民法を学んでいる宅建取得者は、行政書士試験のための学習を有利に進めることができるのです。

宅建と行政書士ダブルライセンスのメリット

取得した資格を活かすという意味でも、宅建と行政書士の二つの資格を持つのは大変おすすめです。
というのも、宅建と行政書士は業務の親和性がとても高いのです。

行政書士の業務の中には、不動産売却に関する案件は少なくありません。
宅建で学ばれた不動産の知識が役立つのはもちろん、自分で請け負うことができる業務の幅も広がります。
特に、行政書士資格取得後、独立開業を考えている方にはダブルライセンスをおすすめします。

宅建をすでにお持ちの方は、行政書士資格の取得を検討してみてはいかがでしょうか。

Return Top