令和4年度司法書士試験解答速報 掲載中

民法 第772条【嫡出の推定】

第772条【嫡出の推定】 ① 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。 ② 婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。
目次

【解釈・判例】

1.嫡出子とは、法律上の婚姻関係にある男女の間において、妻が婚姻中に懐胎し、出生した子をいう。 2.推定される嫡出子 (1) 民法772条の二段階の推定が及ぶ嫡出子のことを「推定される嫡出子」という。 (2) 推定される嫡出子の嫡出性を否認するには、嫡出否認の訴えによってのみ可能である(最判昭55.3.27)。 (3) 内縁成立の日から200日経過後、内縁解消の日から300日以内に生まれた内縁の子は、民法772条を類推して内縁の夫の子と推定される。しかし、それは裁判認知などで内縁の夫が父であるという証明をする場合に、事実上、内縁の夫が父であることが推定されるにとどまり、父子関係発生のためには認知を要する(最判昭29.1.21)。 (4) 平成19年5月21日以降、婚姻の解消又は取消し後300日以内に生まれた子について、その出生届に懐胎時期に関する証明書を添付し、当該証明書の記載から、推定される懐胎の時期の最も早い日が婚姻の解消又は取消しの日より後の日である場合に限り、772条の推定が及ばないものとして、母の嫡出でない子又は後婚の夫を父とする嫡出子出生届出をすることが可能となった(平19.5.7-1007号)。 (5) 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律に基づき男性への性別の取扱いの変更の審判を受けた者の妻が婚姻中に懐胎した子は、妻との性的関係の結果もうけたものであり得なくても、夫の子と推定される(最決平25.12.10)。 3.推定されない嫡出子 (1) 婚姻成立後200日以内に生まれたため、772条の推定を受けない子を「推定されない嫡出子」という。 (2) 内縁の妻が、内縁関係の継続中その夫により懐胎し、適法に婚姻をした後に出生した子は、たとえ婚姻の届出後200日以内に出生した場合でも、出生と同時に、嫡出子たる身分を有する(大判昭15.1.23:判例は婚姻前の内縁関係の存在を要件としている)。 → 戸籍実務上は、婚姻前に内縁関係があったかどうかを調査することができないので、婚姻後に出生した子はすべて普通の嫡出子としての届出を受理している。 (3) 推定されない嫡出子に対して、夫が父子関係を否定するには、嫡出否認の訴えではなく、親子関係不存在確認の訴えによるべきである(大判昭15.9.20)。 (4) 子の嫡出性に争いがある場合において、その子は、戸籍上の父に対して親子関係不存在確認の訴えを提起することなく、実の父に対して強制認知の訴え(民787条)を提起することができる(大判昭7.12.14)。 4.推定が及ばない子 (1) 形式的には推定される嫡出子に該当する場合であっても、妻が夫によって懐胎する可能性がないときは、その子の嫡出性は推定されない。このような子を「推定の及ばない子」という。 (2) 婚姻解消後300日以内に出生した子であっても、離婚の届出に先立ち、約2年半以前から夫婦が別居し、夫婦の実態が失われていた場合には、嫡出性の推定を受けない(最判昭44.5.29)。 (3) 嫡出推定が及ばない子に対して夫が父子関係を否定する場合、嫡出否認の訴えではなく、親子関係不存在確認の訴えによることになる。 (4) 夫と子との間に生物学上の父子関係が認められないことが科学的証拠により明らかであり、かつ、子が、現時点において夫の下で監護されておらず、妻及び生物学上の父の下で順調に成長しているという事情があっても、子の身分関係の法的安定を保持する必要が当然になくなるものではないから、上記の事情が存在するからといって、民法772条による嫡出の推定が及ばなくなるものとはいえず、親子関係不存在確認の訴えをもって当該父子関係の存否を争うことはできない(最判平26.7.17)。

【比較】

推定される嫡出子 妻が婚姻中に懐胎した子
推定が及ばない子 妻が婚姻中に懐胎した子であるが、妻が夫によって懐胎することが不可能な事実のあるとき
推定されない嫡出子 婚姻成立後200日以内に生まれた子

【問題】

【問題】

【問題】

講座パンフレットや特別セミナーDVDなどを無料でお届けします。
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方もこちらからどうぞ。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次