令和4年度司法書士試験解答速報 掲載中

司法書士試験<過去問題肢別チェック ■刑法「刑法各論 個人的法益に対する罪」

問題1 Aは、交通事故を装って保険金をだまし取るために傷害を負わせてほしいとのBからの依頼に応じ、自ら運転する自動車をBに衝突させて傷害を負わせた。この場合、あらかじめ被害者であるBの承諾があっても、Aには、傷害罪が成立する。○か×か?

問題2 Aは、Bの生理的機能に障害を引き起こさせようとして、Bに故意に風邪薬を大量に服用させ、肝機能障害に陥らせた。この場合、Aには、傷害罪が成立する。○か×か?

問題3 Aが路上でBの顔面を手拳で殴打したため、Bは、数歩後ずさりしてから仰向けに倒れ、後頭部を道路脇の縁石に強く打ち付けて死亡した。Aの暴行とBの死亡との間には因果関係が認められるから、Aには傷害致死罪が成立する。○か×か?

問題4 業務上過失致死傷罪の「業務」には、親が家庭内で行う育児は含まれない。○か×か?

問題5 業務妨害罪における業務とは、職業その他社会生活上の地位に基づいて継続して行う事務又は事業をいうから、嫌がらせのために夜中に人家の前で大声を上げるなどしてその家の家人の睡眠を妨害しただけでは、業務妨害罪は成立しない。○か×か?

問題6 長年恨んでいた知人を殺害するため、深夜、同人が一人暮らしをするアパートの一室に忍び込んで、寝ている同人の首を絞めて殺害し、死亡を確認した直後、枕元に同人の財布が置いてあるのが目に入り、急にこれを持ち去って逃走資金にしようと思い立ち、そのまま実行した場合、持ち主である知人は死亡していても、占有離脱物横領罪ではなく、窃盗罪が成立する。○か×か?

問題7 恐喝の被害者からの振込送金により、第三者名義の銀行口座(口座売買によって取得されたもの)に入金された預金について、恐喝の実行犯からこれを引き出すように依頼を受け、恐喝によって入金されたものであることを知りながら、その口座のキャッシュカードを用いて、その口座内の現金をすべて引き出した場合、銀行との関係で、この引出しについて窃盗罪が成立する。○か×か?

問題8 一時使用の目的で他人の自転車を持ち去った場合、使用する時間が短くても、乗り捨てるつもりであったときは、不法領得の意思が認められるので、窃盗罪が成立する。○か×か?

問題9 水増し投票をする目的で投票用紙を持ち出した場合、経済的利益を得る目的がなくても、不法領得の意思が認められるので、窃盗罪が成立する。○か×か?

問題10 郵便集配人が、配達中の信書を開けて在中の小切手を取り出し、取得した場合、窃盗罪が成立する。○か×か?

問題11 パチンコ玉を磁石で誘導して穴に入れて当たり玉を出して取得した場合、窃盗罪が成立する。○か×か?

問題12 友人から留守番を一時頼まれた者が、その友人宅の金品を勝手に持ち出す行為は窃盗罪を構成する。○か×か?

問題13 衣料品店の客を装って洋服を試着したまま、トイレに行くと偽って逃げる行為は窃盗罪を構成する。○か×か?

問題14 Aは、Bと共同で借りていたCの自転車を一人で勝手に持ち出し、質に入れた。この場合、Aについて窃盗罪が成立する。○か×か?

問題15 Aは、Bと共有の自転車を一人で保管していたが、これを質に入れた。この場合、Aについて窃盗罪が成立する。○か×か?

問題16 Aは、デパートの電気製品売場の店員であるが、所持金に窮し、売場の主任が食事に行っている隙に、商品の電気カミソリを自分の鞄に入れて持ち出し、これを質に入れた。この場合、Aについて窃盗罪が成立する。○か×か?

問題17 Aは、自己所有の家屋の2階部分を隣家の庭の上に張り出して増築した。この場合、Aについて不動産侵奪罪が成立する。○か×か?

問題18 Aは、他人所有の畑に囲いを設置し、その畑の中で野菜を栽培した。この場合、Aについて不動産侵奪罪が成立する。○か×か?

問題19 Aは、窃盗の目的でB方に侵入し、タンスの引き出しを開けるなどして金品を物色したが、めぼしい金品を発見することができないでいるうちに、帰宅したBに発見されたため、逃走しようと考え、その場でBを殴打してその反抗を抑圧した上、逃走した。この場合、Aには、事後強盗罪の未遂罪が成立する。○か×か?

問題20 Aは、かねてからうらみを抱いていたBを殺害し、その後、その場所でBの財物を奪取する犯意を抱き、Bの財物を奪取した。この場合、Aには、強盗殺人罪は成立しない。○か×か?

問題21 Aは、金品を奪う目的でBにナイフを突き付けて金品を要求したところ、Bは、恐怖心は感じたものの、合気道の達人であるので、反抗ができないわけではないと思ったが、万が一けがをしてはいけないと考え、自らAに所持金を差し出し、Aは、これを奪った。この場合、Aについて強盗既遂罪が成立する。○か×か?

問題22 Aは、覆面をして、友人Bを路上で待ち伏せ、殴る蹴るの暴行を加えてBの財布を強取したが、Bが自己の犯行であることを察知したのではないかと心配になり、犯行の翌日、Bを、自宅に誘い出して、これを殺害した。この場合、犯行の発覚を防ぐための新たな決意に基づくものであるから、強盗殺人罪は成立しない。○か×か?

問題23 Aは、人気のない夜道でBにナイフを示して脅迫し、現金を要求したが、畏怖したBがナイフの刃を手でつかんだので、Bの手を離すためにナイフを動かしたところ、Bが手に切り傷を負った。この場合、Aには、強盗致傷罪が成立する。○か×か?

問題24 Aは、B宅に侵入し、Bに拳銃を突き付けて脅迫し、金品を要求したが、Bが畏怖して身動きできなくなったので、自らB宅内を物色し、Bが気付かないうちにB所有の腕時計をポケットに入れて逃走した。この場合、Aには、強盗罪が成立する。○か×か?

問題25 Aは、Bを脅迫し、AのC銀行に対する債務についてBが免責的債務引受けをする旨の意思表示をAに対してさせた。この場合には、そのBの意思表示をC銀行が承諾していないときであっても、恐喝罪が成立し、かつ既遂に達する。○か×か?

問題26 Aが、タクシー運転手Bの態度に立腹し、後部座席からBの頭部を殴ったところ、畏怖したBがタクシーから降りて逃げ出したため、Aは、この機会にタクシー内の金員を奪おうと思い立ち、これを奪い取った。この場合には、恐喝罪が成立し、かつ既遂に達する。○か×か?

問題27 Aは、所持金がなく代金を支払う意思もないのにタクシーに乗り、目的地に到着すると、運転手Bのすきを見て何も言わずに逃げた。この場合、Aには、Bに対する詐欺罪が成立する。○か×か?

問題28 Aは、知慮浅薄な未成年者Bに対して、返すつもりがないのに「すぐに返す。」と欺いて現金の交付を求めたところ、それを信用したBがAに1万円を差し出そうとしたが、Bの親Cが現れたため、Aは1万円を受け取れなかった。この場合、Aには、Bに対する準詐欺未遂罪ではなく、詐欺未遂罪が成立する。○か×か?

問題29 Aは、自動車を運転して、甲インターチェンジから乙インターチェンジまで料金後払制の有料道路を通行したが、乙インターチェンジを出る際、遠方の甲インターチェンジからではなく、近くの丙インターチェンジから有料道路を通行してきたかのように装い、あらかじめ用意しておいた丙インターチェンジからの通行券と乙丙間の通行料金を乙インターチェンジ出口の係員に差し出した。係員は、Aが丙インターチェンジから有料道路を通行してきたものと誤信して、Aの運転する車を通過させた。Aの行為について詐欺罪が成立する。○か×か?

問題30 Aは、所持金がないにもかかわらず、係員が出入口で客にチケットの提示を求めて料金の支払を確認している音楽会場でのコンサートを聴きたいと考え、人目に付かない裏口から会場に忍び込み、誰にも見とがめられずに客席に着席してコンサートを聴いた。Aの行為について詐欺罪は成立しない。○か×か?

問題31 財物の強盗罪が成立する場合には、同時に詐欺罪が成立する余地はない。○か×か?

問題32 他人が所有する不動産であるが、自己がその所有権の登記名義人となっているものについて、所有者の承諾なしに自己のために抵当権を設定する行為及び、更にその後に当該不動産を第三者に売却した行為につき、それぞれ横領罪が成立する。○か×か?
問題33 従業員Aは、店内のレジにある現金を自分で使い込むために店外に持ち出そうと考え、それを手に取って店の出入り口まで移動したが、そこで翻意して、現金をレジに戻した。この場合、Aには、横領未遂罪が成立する。○か×か?
問題34 Aは、帰宅途中、公園で乗り捨てられた自転車を見つけると、それが自分のものではないことを知りながら、それに乗って帰った。この場合、Aには、横領罪が成立する。○か×か?
問題35 Aは、自己所有の建物につき、Bに対して根抵当権を設定したが、その旨の登記をしないうちに、その建物につき、Cに対して根抵当権を設定し、その旨の登記をした。この場合、Aについて横領罪が成立する余地はない。○か×か?
問題36 Aは、友人Bの部屋に遊びに行った際、B所有のカメラが高価なものだと聞き、Bが席を外した隙に、自分のかばんに入れて持ち帰った。Aは、このカメラを自分で使うか、売ることを考えていたが、どちらにするか確たる考えはなかった。この場合、不法領得の意思が認められるので、窃盗罪が成立する。○か×か?
問題37 Aは、パチンコ台に誤作動を生じさせる装置を携帯してパチンコ店に行き、この装置を用いてパチンコ台を誤作動させて大当たりを出し、パチンコ玉を排出させた。Aは、排出させたパチンコ玉については、当初からパチンコ店内ですぐに景品交換するつもりであった。この場合、不法領得の意思が認められるので、窃盗罪が成立する。○か×か?
講座パンフレットや特別セミナーDVDなどを無料でお届けします。
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方もこちらからどうぞ。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる