令和4年度司法書士試験解答速報 掲載中

司法書士に強い大学・スクールはある?学校選びのポイント

全ての大学で同じことを学ぶわけではありません。将来就きたい職業によって、大学や学部を選択することもできます。では司法書士をはじめ、法律系の資格試験を目指すには、どのような大学や学部を選択するとよいのでしょうか。また、卒業後に目指す場合は、どうすればよいのでしょうか。

目次

法律系資格試験に強い大学とは

一般的に法律系資格試験に強い大学は、法律系の学部が充実している大学だと言われています。国立や私立の難関校は、往々にして法律系試験に強いです。実際に志望校を決める際にどこを指針にすればよいかというと難関資格試験合格者を輩出している学校と言えます。合格者多ければ、その学校における法律系の資格試験受験生も多くいますし、ライバルがまわりにたくさん居ることで、闘争心に火がつき各々が切磋琢磨することからよい循環作用が生まれます。また、先輩にも合格者が多くいる環境ですから、個別の勉強会なども開催してもらえる環境もあります。将来就きたい職業が決まっていれば、早いうちから対策を取ることが可能です。しかし資格試験で合格者を多数輩出している大学に入学したからといって、大学の勉強だけでは資格試験に合格するのが難しいのが、この国家資格取得の難しいところでもあります。

司法書士試験に強いスクールがある?

司法書士試験対策を実施しているスクールは専門学校や資格試験専門の学校があります。その中より自分の生活スタイルに合わせたコースを選択し受講することで司法書士試験対策をスタートすることも可能です。朝から夜まで一日中学校で勉強する専門学校スタイルもあれば、大学生や社会人向けに、夜や空いている時間にのみスクールに通う通学コースもあります。

朝から夜まで一日中スクールで勉強をすれば、十分に学習時間も確保できるでしょうから合格するまでに費やす期間が短くて済む可能性はありますが、自分でスクールの費用や生活費を捻出しなければならない人の場合は、ある程度貯金をしてから試験対策をするなど、費用の面で一筋縄にはいかないこともあります。自分で費用を捻出する場合の多くは働きながらスクールに通うことになると思いますが、学習専念の方に比べれば、勉強時間が短くなりますので、より効率的な学習によって受験期間が長期間にならないように考えなければいけません。いずれにせよ、自分のライフスタイルに合わせ、無理をしすぎないような方法を選択することが必要です。

大学とのダブルスクール

大学生が司法書士を目指している場合は、在学中に資格を取得しておくと就職にとても有利です。企業内にて資格試験で得た知識を活かすのも良いですし、法律事務所などへの就職など、非常に価値の高い資格と言えます。しかし、大学に通いながら勉強するのはなかなか困難です。そういった学生が考えるのが、ダブルスクールです。

大学の授業が終わった後に、専門のスクールに通う方法です。それによって、独学ではカバーしきれない効率のよい学習の仕方と試験対策に特化する勉強が可能となります。スクールには過去の経験と実績があるので、合格する為のノウハウを教えてくれます。最近では、特定の場所に通わなくても通信講座を活用し、パソコンやスマートフォン、タブレット端末にてインターネットを使ったWeb通信という勉強法もあります。そうすることで、通学にかける時間を省くことが出来るので、より多くの勉強時間を確保することが可能となります。

働きながら司法書士を目指す場合は?

学校卒業後に思い立ち、働きながら司法書士を目指すためには就業後に専門のスクールに通う方法もよいですが、なかなか会社や自宅の近くに学べる場所がない、と言う方も少なくないでしょう。

そんな方におすすめなのが、通信講座という方法です。通信講座であれば通う必要もなく、自分のペースで勉強することができます。スクールでも通信制の学校であれば、自分の家にいながら授業を受けることが出来ますし、出先でも、通勤時間帯でも学習することが可能です。いつでも、自分の空いた時間が学習時間に充てられるため、通信制の学習方法は昨今、人気があります。また、最近は対面式の通信講座も登場し、その場合はマンツーマンでの授業となるので、複数人で授業を行うスクールよりも分からない事を聞きやすい環境になるので、より理解を深めることも出来るでしょう。

司法書士になるための学校選びのポイント

司法書士になるために通う学校を選択する重要なポイントは、自分のライフスタイルに合っているかと言うことです。例えば、平日は大学に通わなければならないのに、一日中スクールで勉強するコースを選択した場合、日中はどちらかが通えません。逆に一日中時間があって、一刻も早く資格を取得する必要があるのに、夜だけスクールに通うということにしてしまうと、昼間はアルバイトなどが出来ますが資格を取得するのに時間がかかってしまいます。

空いている時間はアルバイトなどで生活費やスクールの学費を捻出しなければならないのに、その時間を確保しないでスクールを通うことにしても、長続きはできません。基本的には生活をしながら勉強することを前提とし、スクールなどを選ぶことが大切になります。本当に自分のライフスタイルに合ったスクールを選ぶことが重要です。

まとめ

法律系資格を在学中に取得したいと考えている方であれば、法律系に強い大学を選ぶとよいでしょう。進路が同じ人が集まっているので、時には競い合ったり時には励ましあったりして目標に向かうことが出来ます。空いている時間にWスクールに通ったり、通信制の学習方法を取り入れたりすることで、大学の授業ではカバーしきれない司法書士試験対策をすることが出来ます。
社会人で司法書士を目指す人は、勉強する時間を確保するための工夫が必要となります。夜間に対応しているスクールや通信講座を選択すると良いでしょう。

講座パンフレットや特別セミナーDVDなどを無料でお届けします。
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方もこちらからどうぞ。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる