司法書士の報酬の目安や相場とは?独立を目指すなら知っておきたい豆知識

司法書士の報酬の目安や相場は、司法書士事務所に所属する場合や会社に所属する場合、独立する場合などによって変わってきます。ここでは、司法書士として独立した際の報酬を中心にその目安や相場をまとめていきます。

司法書士で独立した際の収入について

司法書士全体における平均年収はおおよそ600万円と言われています。この平均金額はあくまでも勤務型司法書士、独立型司法書士も含むものであることや実際の収入はピンからキリともいわれているため、独立して成功をしている司法書士の中には1000万円を余裕で超える収入を得ている人もいますし、会社に所属している司法書士の場合は300万円程度の人もいるようです。司法書士で独立した際の収入は、自身で営業を行うことによって、将来的には勤務型よりも大きく伸ばすことが可能ですが、前職からのコネクションなどがない状態で独立した場合は当然顧客も少ないところからのスタートとなるため、いきなり多くを稼げると言うわけではありません。そのため、設立初年度、そして設立後数年の間は低収入であることを予想した上で、長期的な計画を立てて報酬を伸ばしていくというのが現実的であると言えそうです。逆を言えば、数年でビジネスを軌道に乗せ着実に成長していくことで、年収1000万円、場合によっては2000万円、3000万円と高い収入を得ていくことも不可能ではないでしょう。

司法書士で独立した際の報酬の考え方

司法書士で独立した場合、受け持つ業務の金額も自身で設定することになります。ここで設定金額を誤ってしまうと、金額が安すぎて、働いても働いても収入が増えないという状況になってしまう場合もあれば、逆に金額が高すぎてお客さんが来ないという状況を招いてしまう場合もあります。また、独立開業した場合は、当然ながら受けた業務に対する報酬額から、事務所の維持費や経費なども差し引いたものが実際の収入となっていくため、その分も考慮した金額設定が必要になってきます。かつての司法書士という職種に対する考え方では、独立をすると稼げるというような単純な文句が多かったように思えますが、それぞれの価値観やライフスタイルに応じて働き方の見直しが求められてきているこれからの時代を考えると、独立することで収入を上げられる可能性があるという考えだけでなく、働くスタイルを自分で決められるという部分もメリットとして捉えながら、適正な報酬をイメージしていくことで働きやすいフィールドを自ら形成して行くことが可能性として考えられるでしょう。

司法書士の仕事別の報酬目安

司法書士の仕事内容は多岐に渡ります。また、登記1件につき報酬額はいくらというような、あらかじめ決められた基本料金が設定されている業務もあれば、相談事や民事裁判などの仲介業など複雑な案件も発生するため、このような場合は基本料金などを定めるのが難しい場合もあるので、報酬を決める際には高い交渉能力があることでお互いにとって妥当な報酬が設定され、自分も収入を上げられるようになるでしょう。

初回の相談料に関しては無料とし、それ以降の相談料を時間制で設けているところも多くあります。司法書士の仕事はかなり細かく細分化されるためここで全てを解説することは難しいですが、主な内容に沿って報酬目安をご紹介します。まず、不動産登記に関わる業務の場合、所有権移転登記、抵当権設定は3~5万円、抵当権抹消登記は1~2万円が目安です。商業登記や法人登記の場合は、株式会社、合同会社設立は10~15万円、役員変更は2~4万円、定款作成は2~5万円が目安となり、不動産登記よりも複雑な内容が多くなるため報酬額も高くなっている場合が多いです。

債務整理の場合、任意処理は3~5万円、個人再生は30~50万円、自己破産は20~30万円が報酬目安となっており、個人再生や自己破産の場合は裁判所を介して行うため、依頼者は別途裁判所に支払う金額も発生します。司法書士が受け持つ業務の中には弁護士が行う業務も含まれる場合がありますが、同じ業務であっても司法書士の設定報酬金額の方が低く、それが目的で依頼をしてくる人も多くいます。どちらがいいという訳ではありませんが、それぞれの相場や需要をイメージした上で設定をすることが大切だと言えます。

まとめ

司法書士として独立した場合の報酬について解説してきましたが、このように働き方や業務内容の方針によってその報酬は大きく変わってくるというのがこの職種の特徴です。また、仕事が多い地域やライバルの有無など、周辺環境によっても業績は左右されるため、一概に平均年収はいくらというのは出しづらいと言えます。ただし、事前のリサーチやしっかりとしたビジネスプランを立てることによって高収入を得るのは十分可能です。ご自身の将来的なプランと照らし合わせて検討してみてください。