司法書士資格のメリットは?仕事の魅力や価値について

登記(不動産登記・商業登記)のエキスパートと言われる司法書士。合格率は低く、難関試験と言われますが、一体司法書士になるメリットや価値はどこにあるのでしょうか。普段の生活ではなかなか知られることのない司法書士という存在。その仕事のメリットややりがいについてご紹介します。

司法書士資格のメリット①「安定した収入」

司法書士資格のメリットとして挙げられるのが、まず収入面が安定しているという点です。司法書士は資格取得後に主に2通りの働き方があります。1つは法律事務所に所属し、その事務所で雇われる勤務型と呼ばれるスタイル。2つ目が独立して新規ビジネスを展開する開業型と呼ばれるスタイルです。勤務型の平均年収は通常250万円から400万円程度、大型事務所などの場合は500万円から700万円程になるケースもありますが、実務に就いてすぐに様々な経験を積みながら一定の給与を貰えると考えると悪くはないように思えます。一方、開業型の平均年収はピンからキリまで。年収が1000万円を超えるという人もいますし、200万円程度というケースもあり得ます。これは、開業型はどれだけ自分がビジネスネットワークを広げられるかによるところもありますが、そもそも事務所の拡大や売り上げの増加を考えるだけではなく、自分のペースで仕事を進めたいという方もいるため、一概に売り上げがい多いから成功しているとも言い切れないところがあります。そのため、取得する事が難しいにも関わらず、収入が思っている程ではないのでは?と感じる人も多いかもしれませんが、安定性という面においては一般企業以上に確立していると言えます。専売業務である登記業務があることで、仕事の内容上依頼が無くなるという事はなく、コンスタントに仕事を続けていくには最適の資格と言えるでしょう。

司法書士資格のメリット②「独立や開業が可能」

司法書士資格を取れば、独立や開業がしやすいというのもメリットの1つとして挙げられます。資格を取得した人の多くが独立を果たしているのがこの業界の特徴です。司法書士の資格は、合格率が4%未満ともいわれる程狭き門。取得するのは非常に難しい資格とも言えますが、裏を返せば合格すれば社会で認知され、必要とされる職務であるという事でもあります。年齢も性別も関係なく、また定年もないため、個人事務所を構えてしまえば、一生涯仕事が出来る資格です。とはいえ、資格取得後すぐに開業が可能であるかというと、そうではありません。この業種は知識と経験則が物をいうので、ある程度の実経験を積んでおく必要があります。そのため、多くの人が資格取得後に大手の事務所などで働き、時期を見て独立を果たしています。開業までには個人差もありますが、大体2~3年程度の期間を設け、色々な業務を経験しておくのが望ましいでしょう。司法書士事務所は司法書士会への登録や開業届さえ出せば必要な設備はほぼないと言われる程、初期投資がかからないというのも魅力です。
※自宅開業の場合は、パソコン・電話・FAX等の準備で十分と言えます。

司法書士資格のメリット③「転職や就職に有利」

司法書士の資格は自身のスキルがPRしやすいという意味で「転職がしやすい」というメリットにもなり得ます。司法書士と聞くと「法律事務所で働いている人」という固定観念を抱かれがちです。確かに資格取得後には大手の法律事務所に就職するのもいいですし、個人で開業していく手もあります。しかし、法律事務所以外でも働けるのがこの職務の大きな魅力。例えば一般企業で法務部などに就職してみるというのもアリです。法務部門と聞くと大手企業にしかないイメージがありますが、コンプライアンスが求められる昨今においては、多くの企業もこれに倣い法務部門を設ける事が予想され、また、アウトソーシングとして法務関連事業の立ち上げなども想定されますので、今後は一般企業への転職や就業のチャンスも増えてくる傾向にあるでしょう。また、不動産登記を専門的に扱っている司法書士の場合は、不動産業や金融業などにも就職しやすいと考えられます。また、資格取得には年齢制限もありませんから、学生の内から資格を取得し、新卒の場でアピールするという手もあります。司法書士資格を有している学生は非常に少ないため、企業側からも大きな魅力に映ります。

司法書士の仕事が持つ価値、やりがい

司法書士になるには多くの努力が必要です。合格率も低く、残念ながら簡単になれるという職業ではありません。とはいえ弁護士などと比べると、受験資格制限もなく受験しやすく、現実性の高い資格の1つであるため、努力すればどんな人でも取得する事は可能です。狭き門を通過し取得出来る資格であるからこそ、社会的な認知度も高く、本人のモチベーションが維持しやすく矜持をもって働けられます。また、結婚や出産などでライフスタイルに変化が生じやすい女性にとっても大変働きやすい職務の1つであり、再就職しやすい事や自分のペースで業務を取り扱う事も出来る点などが大きな魅力です。さらに認定司法書士になれば簡易裁判所にて民事訴訟(訴額140万円までの民事訴訟の代理関係業務を行える)を扱えるのも大きな特徴です。
独立しやすく、個人事務所を構えれば自分のペースで動ける上、年齢も関係なくいつまでも働けることも大いに魅力的です。

まとめ

司法書士は非常に専門性の高い職業です。必要にならなければ滅多に関わる事はありませんし、多くの人にとってはどんな職務であるのかも想像も付かない職業でしょう。不動産登記や商業登記といっても身近な例がなく、司法書士の事を知っているという方も多くはないでしょう。しかし、高齢化社会を迎え、働き方改革や、外国人労働者の受け入れ等、社会情勢が変化している昨今においては、なくてはならない存在です。資格を取得するには多くの努力が必要ですが、決して手の届かない資格というわけではなく、現実性の高い資格の1つです。将来性を考えても非常にお勧めであり、年齢・性別に関係なく魅力的な職業であると言えます。