Read Article

さっそく条文を検索しましょう。

※条文を検索する場合は、上記ドロップダウンメニューよりご選択ください。

民法 親族 第734条【近親者間の婚姻の禁止】

第734条【近親者間の婚姻の禁止】

① 直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。ただし、養子と養方の傍系血族との間では、この限りでない。

② 第817条の9【実方との親族関係の終了】の規定により親族関係が終了した後も、前項と同様とする。

超訳

「超訳」とは
通常の六法に載っている条文は、法律独自の言い回しが初学者には理解しづらいもの。択一六法では、通常の条文の他に【超訳】として初学者の方でも理解しやすいように要約した条文の内容を記載しています。

① 親子間、祖父母孫間などまたは兄弟姉妹間、おじおば・おいめい間では、婚姻できないが、いとこどうしは婚姻できる。ただし、三親等内の傍系血族であっても、養子と養親の実子などの間では婚姻できる。

② 特別養子と、その縁組によって親族関係が終了した実方の父母およびその血族との間の婚姻も前項同様許されない。

解釈・判例

「解釈・判例」とは
条文には、様々な解釈論や裁判の結果(判例)が存在するものもあります。そこで、試験に必要なものを【解釈・判例】として記載しています。

ここでいう血族は、自然血族と法定血族の両者をいう。

問題

「問題」とは
司法書士試験を中心とした各国家試験での出題例を【問題】として記載しています。条文のどこがよく問われているのか、どこを理解しておかなければならないのかが一目瞭然です。

普通養子は、離縁の前後にかかわらず、養親の兄弟と婚姻することができる。

解答

【平10-19-オ:○】

 

Return Top