Read Article

さっそく条文を検索しましょう。

※条文を検索する場合は、上記ドロップダウンメニューよりご選択ください。

民法債権 第466条【債権の譲渡性】

第466条
① 債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。
② 前項の規定は、当事者が反対の意思を表示した場合には、適用しない。ただし、その意思表示は、善意の第三者に対抗することができない。

超訳

「超訳」とは
通常の六法に載っている条文は、法律独自の言い回しが初学者には理解しづらいもの。択一六法では、通常の条文の他に【超訳】として初学者の方でも理解しやすいように要約した条文の内容を記載しています。

① 債権は譲渡することができる。ただし、法律で譲渡を禁止したり、債権の性質上譲渡できないようなときは、譲渡できない。
② 当事者で譲渡しないという特約をした債権は、譲渡できないが、第三者がこの特約を知らないで譲り受けたときは有効な譲渡となる。

 

解釈・判例

「解釈・判例」とは
条文には、様々な解釈論や裁判の結果(判例)が存在するものもあります。そこで、試験に必要なものを【解釈・判例】として記載しています。

1.債権の譲渡性

原則債権は、自由に譲渡することができる。
性質上譲渡できない① 債権者を異にすることによって給付内容が全く異なる場合
ex.自分の肖像画を描かせる債権
② 特定の債権者に給付することが重要な意味をもつ場合
ex.賃借人の債権(612条1項)・委任者の債権(大判大6.9.22)
法律上譲渡が禁止① 民法上の扶養請求権(881条)
② 恩給請求権(恩給11条)
当事者が譲渡を禁止<原則> 譲渡禁止特約は物権的効力を有し、特約に反する譲渡は債権者の義務違反になるだけではなく、譲渡自体が無効となる。
<例外> 譲渡禁止特約は絶対的なものではなく、譲受人が善意・無重過失を立証すれば、有効に債権を取得する(最判昭48.7.19)。
【関連判例】 譲渡禁止の特約に反して債権を譲渡した債権者が同特約の存在を理由に譲渡の無効を主張することは、債務者にその無効を主張する意思があることが明らかであるなどの特段の事情がない限り、許されない(最判平21.3.27)。

2.将来発生することが確定している債権の譲渡

(1) 将来の一定の期間内に発生する賃料債権は、性質上譲渡が許されないものでない限り、有効に譲渡することができる(大判昭5.2.5)。
(2) 債権譲渡契約の締結時において、目的債権の発生可能性が低かったことは、契約の効力を当然に左右するものではない。もっとも、例外的に、契約内容等諸般の事情を総合的に考慮し、特段の事情が認められる場合には、右契約が公序良俗に反するなどとして効力が否定されることがある(最判平11.1.29)。

3.「善意の第三者」(2項)
(1) 「善意」とは、特約の存在を知らないことにつき重過失がないことを意味する(最判昭48.7.19参照)。そして、債権譲受時に善意・無重過失なら、対抗要件の具備までに悪意となっても、「善意の第三者」といえる。さらに、悪意の譲受人から、さらにその債権を善意・無重過失で譲り受けた者も、「善意の第三者」として保護される余地がある(大判昭13.5.14)。
(2) 悪意の第三者に譲渡された場合でも、債務者の承諾により、債権譲渡は譲渡時に遡って有効となる(最判昭52.3.17)。ただし、民法116条の法意から、第三者の権利を害することは許されない(最判平9.6.5)。
(3) 譲渡禁止特約は差押・転付命令には効力がなく、差押債権者の善意・悪意を問わず、これを移転することができる(最判昭45.4.10)【平19-18-イ】。

 

問題

「問題」とは
司法書士試験を中心とした各国家試験での出題例を【問題】として記載しています。条文のどこがよく問われているのか、どこを理解しておかなければならないのかが一目瞭然です。

 AのBに対する債権をCが譲り受けようとする場合に、Cが譲り受けようとする債権が、AとBとの間の既存の賃貸借契約に基づき、将来の一定の期間内に発生すべき賃料債権である場合であっても、Cは、債権を取得することができる。○か×か?

解答

【平11-5-4:○】

 

問題

「問題」とは
司法書士試験を中心とした各国家試験での出題例を【問題】として記載しています。条文のどこがよく問われているのか、どこを理解しておかなければならないのかが一目瞭然です。

 AのBに対する債権をCが譲り受けようとする場合に、AとBとの間に債権の譲渡を許さない旨の合意がある場合、その合意の存在を知り、または知らないことについて過失があるCは、債権を取得することができない。○か×か?

解答

【平11-5-2:×】

 

問題

「問題」とは
司法書士試験を中心とした各国家試験での出題例を【問題】として記載しています。条文のどこがよく問われているのか、どこを理解しておかなければならないのかが一目瞭然です。

 譲渡禁止特約付債権を差押えることはできない。○か×か?

解答

【平4-5-2:×】

 

問題

「問題」とは
司法書士試験を中心とした各国家試験での出題例を【問題】として記載しています。条文のどこがよく問われているのか、どこを理解しておかなければならないのかが一目瞭然です。

 譲渡禁止特約が付されている指名債権を目的とする質権の設定を受けた者は、当該指名債権に譲渡禁止特約が付されていることを知っていたとしても、有効に質権を取得することができる。○か×か?

解答

【平19-18-ア:×】

 

問題

「問題」とは
司法書士試験を中心とした各国家試験での出題例を【問題】として記載しています。条文のどこがよく問われているのか、どこを理解しておかなければならないのかが一目瞭然です。

 譲渡禁止特約が付されている指名債権の譲受人が、当該指名債権に譲渡禁止特約が付されていることを知って譲り受けた場合であっても、譲渡後に債務者が当該譲渡を承諾したときは、当該譲渡は、承諾時から有効となる。○か×か?

解答

【平19-18-ウ:×】

Return Top