【7月31日まで!最大5,000円クーポン進呈】お得な割引キャンペーンのご案内

Vラーニングシステム

Vラーニングシステムとは、「非常識合格法」の「合格必要得点範囲」の習得を、最も効率的に進めることができる学習システムです。時間に縛られることなく、自分のペースでじっくり学習に取り組むことができ、「知りたい!」「記憶したい!」「問題を解きたい!」と思った時に、すぐに調べてその場で疑問を解決できる、映像ならではのメリットを活かした通信講座のための学習コンテンツです。

目次

単元別講義

徹底的に「理解」と「記憶」

行政書士試験は、「正確に知識が記憶されているか」が問われる試験。 クレアールでは、その正確な知識を効率的に習得できる 「単元別講義」を展開しています。

従来、1回2時間半だった1講義を、 単元ごとに1回30分の講義に細分化しました!

集中力を「維持」

集中しやすい 時間単位
人間の集中力は通常、それほど長くは続きません。インプット講座の講義は、学習に集中しやすいように、1学習単元を30分程度で展開していきます。

学習の質を「向上」

各単元の目的を明確にした学習内容を明示
1講義ごとに学習内容を明示し、何を学習するのかを明確にすることで、集中力の質を向上します。復習の際にもピンポイントで内容を再確認できます。

記憶を「繋げる」

1単元あたりの 記憶量として適切な ボリューム
個人差はありますが、成人では平均すると一度に7個まで記憶することが可能と言われています。1度に記憶可能なボリュームを想定したうえで、1単元の内容を無理のない範囲で構成。

マルチパス学習ルート

戦略的に「反復学習」を徹底

クレアールでは、学習した知識を忘れないように、 記憶しやすい学習方法で反復学習を行うことができます。

記憶は時間とともに比例して薄れていきます。記憶を定着させるには、「反復学習」が必要です(エビングハウスの忘却学説より)。クレアール行政書士講座では、講義・テキスト・過去問題集の学習単元は連動した編成となっているため、「反復学習」がしやすいカリキュラムを組んでおります。

●反復学習スケジュールイメージ

学習した翌日に1回目、その一週間後に2回目、2回目の復習から2週間後に3回目、さらに3回目の復習から一か月後に4回目というように少しづつ間隔を空け、二ヵ月かけて復習するのが効率的です。学習初期段階では、問題は解けなくても気にせず、解答解説を読むだけでも大丈夫です。同じ問題を繰り返し解くことにこだわりましょう。また、学習単元が連動しているので、問題演習をしてみて、再度、学習内容をテキストや講義で復習するというピンポイントな反復学習が可能です。

講座パンフレットや特別セミナーDVDなどを無料でお届けします。
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方はこちらからどうぞ。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる