【8月31日まで!最大5,000円クーポン進呈】お得な割引キャンペーンのご案内

クレアール独自の効率的学習法「非常識合格法」

「合格必要得点範囲」を、短期間で確実に習得する独自の学習法。

目次

正答率40%以上の範囲に絞って学習すれば合格できる!

合格基準

1.法令科目の特典が満点(244点)の50%以上

2.一般知識科目の特t年が満点(56点)の40%以上

3.試験全体の得点が60%以上

→行政書士は、全体60%(180点)以上の得点で合格できる「絶対評価」の試験

行政書士試験の特性を捉えた合格戦略5つのPOINT

POINT 1 正答率40%以上=A・Bの
問題に絞り込んで学習!

表のA・B問題の範囲に絞って学習をすれば、合格基準を十分にクリアできます。短期合格のために2/3(200点)程度を目標とした学習をしていきます。

POINT 2 法令科目の8割以上が、
憲法・民法・行政法!

法令科目の8割以上が憲法・民法・行政法!憲法・民法・行政法の3科目憲法・民法・行政法の3科目は法令科目46問中39問を占めています。特に民法・行政法では正答率50%以上の問題(A問題)が多いので、確実に正答を導けるようなカリキュラムを組んでいます。

POINT 3 選択式問題・記述式問題は
捨てない!

択式問題では全てが正答率50%以上の問題であり、主要科目の憲法・行政法の出題のため、落とせない問題です。記述式問題では3問中2問が正答率50%以上の問題であり、主要科目の民法・行政法の出題なので、法令科目では重要な得点源となるところです。捨てない選択肢をすることが合格へのカギとなります。

POINT 4 商法・会社法は、
深追いをしない!

条文数が多く、細かい知識も問われるため、民法と同様にポイントに絞った学習が必要になっています。占めている問題数も少ないので、ウエイトは置かずに学習することがポイントです。

POINT 5 一般知識は、簡単な問題を確実に取る!

「政治・経済・社会」は学習範囲が広く対策が立てづらい科目なので、浅く広く学習し、簡単な問題を確実に解答することが基準点突破のポイントになります。対策が立てやすい「情報通信・個人情報保護」「文章理解」については得点を重ねるために必要不可欠な科目です。

法令等科目合格戦略

学習範囲を絞り込み、その部分を徹底的に学習

クレアールの学習hann

合格のために必要十分な学習範囲が「合格必要得点範囲」。この部分の土台をしっかり構築することが合格への近道です。ここについては、定義・要件・効果、そして訴訟要件を含む論点については、手続きの流れも含め原則と例外まで掘り下げ、数度の反復を繰り返しながら、徹底した記憶の定着を図ります。これが、必要最小限の時間と労力で高い記述力の醸成までカバーし、最大の効果(合格)を発揮するための戦略的な学習の取り組み方です。このような取り組みこそが、限られた時間の戦略的な配分を可能とし、確かな知識を土台とした法的論理構成力・推論力・表現力を生み、確実な合格答案作成力を養うためのアプローチとなり、正しい勉強法と考えます。

一般的な学習

範囲行政書士試験の出題範囲は膨大で、すべてやるには時間と労力がかかり過ぎ。短期間ですべてを網羅できる人は、ほとんどいません。また、学習範囲を広げるデメリットとして、合格に必要な基礎の部分がおろそかになり、たくさん勉強したにもかかわらず不合格になるケースが多く見られます。行政書士試験の出題範囲は膨大で、すべてやるには時間と労力がかかり過ぎ、短期間ですべてを網羅できる人は、ほとんどいません。また、学習範囲を広げるデメリットとして、合格に必要な基礎の部分がおろそかになり、膨大な勉強をしたにもかかわらず不合格になるケースが多く見られます。 範囲行政書士試験の出題範囲は膨大で、すべてやるには時間と労力がかかり過ぎ。短期間ですべてを網羅できる人は、ほとんどいません。また、学習範囲を広げるデメリットとして、合格に必要な基礎の部分がおろそかになり、たくさん勉強したにもかかわらず不合格になるケースが多く見られます。

記述力を徹底的に強化する

⇒ 記述マスター講座ビルトインフォロー

択一式問題の配点は1問4点、記述式問題の配点は1問20点で、記述式問題の配点は全300点中60点を占めており合否を分ける重要な問題と言えます。また記述式問題は、択一問題とも密接に絡んでおり、記述式問題対策によって択一式問題で問われる知識の再確認もできます。記述マスター講座では、記述添削問題とその合格答案、減点答案を参考としてご提供しています。

一般知識等科目 合格戦略

一般知識対策は効率良く学習する

一般知識等科目は、4割取れれば合格基準点をクリアできるのですが、範囲が非常に広一般知識等科目は、4割取れれば合格基準点をクリアできますが、範囲が非常に広いため、必要以上に学習時間を割いてしまうケースがあります。この科目はいかに効率よく学習できるかがポイントとなります。特に、情報通信・個人情報保護、文章理解は比較的学習もしやすく(範囲がさほど広くない)、点数も取りやすい科目ですので、確実に得点するために集中して学習を進めていきます。

講座パンフレットや特別セミナーDVDなどを無料でお届けします。
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方はこちらからどうぞ。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次