サイトをリニューアルいたしました。

ITパスポート試験概要

目次

試験概要

項目内容
受験資格制限なし
受験料7,500円(税込み)
申込方法IPA Webサイトから。(郵便、電話、FAX等による申込受付は行っていません。)
試験会場全国47都道府県
実施時期随時
試験時間120分
出題数小問:100問(*1)
出題形式四肢択一式
出題分野ストラテジ系(経営全般):35問程度 マネジメント系(IT管理):20問程度 テクノロジ系(IT技術):45問程度
合格基準総合評価点600点以上であり、かつ分野別評価点もそれぞれ300点以上であること 総合評価点 600点以上/1,000点(総合評価の満点) 分野別評価点 ストラテジ系  300点以上/1,000点(分野別評価の満点) マネジメント系 300点以上/1,000点(分野別評価の満点) テクノロジ系  300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
試験方式CBT(Computer Based Testing)方式 受験者は試験会場に行き、コンピュータに表示された試験問題に対して、マウスやキーボードを用いて解答します。 全ての都道府県で毎月実施されているので、受験者の都合に合わせて試験日時や会場を選択できます。
採点方式IRT(Item Response Theory:項目応答理論)に基づいて解答結果から評価点を算出します。
試験結果の確認試験終了後にHPにて確認可能
合格発表受験月の翌月中旬頃、ITパスポート試験情報処理推進機構ホームページの「公開情報」に掲載。

(*1)総合評価は92問、分野別評価はストラテジ系32問、マネジメント系18問、テクノロジ系42問で行います。残りの8問は今後出題する問題を評価するために使われます。

詳しくは下記のリンクをご確認ください(別タブで別サイトが開きます)。

出題範囲

ITパスポート試験というと、「テクノロジ関係の試験」という印象をお持ちの方が多いようですが、テクノロジ系以外の分野の方が多く出題されます。
ストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系からバランスよく出題され、かつ各分野で30%以上正解することが合格基準となりますので、弱点分野を作らず、分野毎の確実な得点力が必要になります。

ストラテジ系

主に企業法務、経営戦略など経営全般に関する専門知識を学びます。学んだ知識は、日常の業務を分析・課題を把握したり、業務改善提案をする際や経営管理をする際に活かせます。

大分類中分類
1. 企業と法務1. 企業活動
2. 法務
2. 経営戦略3. 経営戦略マネジメント
4. 技術戦略マネジメント
5. ビジネスインダストリ
3. システム戦略6. システム戦略
7. システム企画

マネジメント系

システムの開発技術やプロジェクトのマネジメント方法等のITの管理について学びます。

大分類中分類
4. 開発技術8. システム開発技術
9. ソフトウェア開発管理技術
5. プロジェクトマネジメント10. プロジェクトマネジメント
6. サービスマネジメント11. サービスマネジメント
12. システム監査

テクノロジ系

コンピュータやシステムの構成要素、インターネット等の基礎知識を学びます。PCの仕組みやセキュリティ、データベースまで幅広い知識を学ぶので、日常生活でも役立ちます。

大分類中分類
基礎理論13. 基礎理論
14. アルゴリズムとプログラミング
コンピュータシステム15. コンピュータ構成要素
16. システム構成要素
17. ソフトウェア
18. ハードウェア
技術要素19.
<2022年4月の試験から>
情報デザイン
<2022年3月の試験まで>
ヒューマンインタフェース

20.
<2022年4月の試験から>
情報メディア
<2022年3月の試験まで>
マルチメディア

21. データベース
22. ネットワーク
23. セキュリティ
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。受講申し込みはこちらからどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる