お得な割引キャンペーンのご案内

行政書士は独学で合格できる?メリット・デメリットやおすすめの勉強法も紹介

行政書士は独学で合格できる?メリット・デメリットやおすすめの勉強法も紹介

独学で行政書士試験に合格することは難しいですが可能です。本記事では、独学で合格を目指すためのスケジュール作成に役立つ必要勉強時間や、独学のメリット・デメリット・ポイントを解説します。

目次

「行政書士試験 非常識合格法」書籍
無料プレゼント!

  • 行政書士とは
  • 試験の概要と出題科目
  • 短期合格のコツ
  • 学習スタイル別アドバイス

この冬から2024年試験合格を目指す方へ!
短期間でも行政書士に合格できる勉強のコツが満載!是非ご請求ください。

【2024年合格を目指す!】初学者コース|学習経験者 中級・上級コース

行政書士試験は独学でも合格できる?

行政書士は難易度の高い法律系の国家資格です。しかし、同じ法律系の資格である社会保険労務士や司法書士と比べると、比較的難易度が低く、合格しやすいとされています。

しっかりと勉強時間を確保できれば独学でも合格を目指せます。ただし、時間管理などが苦手な人は、独学ではなくスクールなど時間管理がしやすい学習法のほうが良いでしょう。

行政書士試験の合格率

行政書士試験の合格率

2022年度の行政書士試験の合格率は12.13%です。2021年度は11.18%2020年度は10.72%と年度によって合格率は異なりますが、例年10~15%の間で推移しています。

つまり行政書士試験は10人に1人ほどしか合格できない難関資格です。しっかりと対策を立て、計画的に勉強しなくては合格を勝ち取ることはできません。独学で勉強するのであれば、勉強時間を確保するだけでなく、自分の苦手分野を見極めて重点的に勉強するなど、戦略的に学習を進めていきましょう。

行政書士試験の独学での勉強に必要な時間

独学で行政書士試験の合格を目指すなら、800~1,000時間程度の勉強が必要とされています。予備校や通信講座を利用する場合とは異なり、学習スケジュールやモチベアップ管理も自分でする必要があるため、学習者の負担が大きく勉強時間・期間も長引く傾向にあります。

また、法律についての素養があるかどうかによっても、勉強時間は変わる点に注意が必要です。初学者であればさらに勉強時間は長引き、反対に他の法律系の資格を持っている場合なら重複する部分もあるため勉強時間を短縮できます。

行政書士試験合格に必要な勉強時間について詳しくはこちら

行政書士試験の独学での勉強のメリット

行政書士試験の合格を独学で目指すことには、上記のようなメリットがあります。それぞれについて詳しく説明します。

費用をかけずに勉強できる

独学で勉強すると主な出費はテキスト代と公開模擬試験の受験代などで済むため、あまり費用をかけずに行政書士資格を取得できます。また、行政書士はメジャーな資格のため、試験対策のテキストなども書店やインターネットなどで簡単に入手でき、テキスト代も高額という訳でもありません。

一方、予備校や通信講座を利用すると、テキスト代や公開模擬試験の受験代に加え、授業料などがかさむため、独学と比べると費用は高額になります。

自分の生活に合わせたタイミングで勉強できる

独学なら、自分のペースで勉強できます仕事や学業に忙しいときは1日に短時間のみ勉強して長期間かけて合格を目指す資格取得だけに専念するときは1日に学習時間を増やして短期合格を目指すなど、自由にスケジュールを立てられます。

一方、予備校で勉強する場合は、授業時間が決まっているため、自分のペースでは勉強できません。急に用事が入ったときなどには授業時間を変更するなどの対応も必要になり、手間に感じるかもしれません。

行政書士試験の独学での勉強のデメリット

独学で行政書士試験の合格を目指すことには、上記のようなデメリットもあります。それぞれについて詳しく解説します。

モチベーションの維持がしにくい

独学の場合、行政書士を目指す仲間が近くにいない場合が多く、支え合い競争しながら学習できずモチベーションを維持することが難しい傾向にあります。また、予備校や通信講座を利用する場合は、学習相談などのサポートを受けられますが、独学では周囲のサポートを期待しづらいこともネックです。

独学は、一人でモチベーションを維持できる人に適した学習方法です。モチベーションを維持し続けることに不安がある人は、予備校や通信講座を利用するようにしましょう。

勉強の計画・情報収集を一人で行う必要がある

独学では、自分で学習計画を立て、時には計画修正を行ったり試験に関わる情報収集も能動的に行ったりしなくてはなりません要領よく計画を立て、情報収集できる人には向いていますが、計画を立てて管理するのが苦手な人や、情報検索が苦手な人には難易度が高いでしょう。

一人で学習を管理することに不安がある人は、予備校や通信講座を利用することをおすすめします。カリキュラムに従って勉強すればよいため、計画管理や情報収集に無駄な労力を割くことなく勉強に集中できます。スポーツでコーチをつけると飛躍的に実力が伸びるように、効率よく知識を吸収できるでしょう。

わからない所を質問することができない

独学で勉強する場合は、勉強中に疑問が生じても周りに質問できず自力で答えを見つける必要があります。とりわけ法律系の勉強をしたことがない人にとっては、疑問点は多く、勉強が思うようには進まないことも。

特に初学者は独学ではなく、予備校や通信講座を利用することをおすすめします。通信講座のクレアールでは質問をメール・FAXで質問を受け付けており、回数制限もないため、疑問をすぐに解消できます。

効率的に勉強するのが難しい

行政書士の勉強は多岐にわたりどこを重点的に勉強すればよいのか理解しにくいという特徴があります。そのため、独学で勉強すると効率性が低くなり、学習時間も長引きかねません。

一方、予備校や通信講座では効率的な勉強のノウハウがあり、それに基づいたスケジュールや教材で学習できます。短期間での合格を目指すなら独学ではなく予備校・通信講座を利用するほうが有利でしょう。

行政書士試験合格を独学で目指す際のポイント

行政書士試験合格を独学で目指す際のポイント

独学で行政書士試験の合格を目指すときに押さえておきたいポイントを紹介します。ぜひ参考にして、効率よく学習を進めてください。

勉強ルーティンを作る

国家試験のような長期戦において勉強を挫折する理由の一つが「勉強する習慣」が出来ていないことがあります。

私たちがお風呂や歯磨きを当たり前の習慣とするように、勉強も繰り返し・繰り返し少しずつ生活の一部に取り入れていくことで面倒でもできるようになります。

お気に入りの場所、文房具や参考書などを見つけて勉強にこだわりを持っていけるようになれればよいでしょう。

スキマ時間を有効活用する

独学で勉強するときは、時間をどれだけ確保できるかが重要なポイントです。生活の中でスキマ時間を捻出し、勉強することが大切です。

分かっているようで分かっていないのが「何に自分が時間を使っているか」です。平日と休日に分けて睡眠や仕事と言った生活の大部分を占めるものから引いていって、どれくらい時間が自分に残っているか調べましょう。思ったより勉強できる時間が少ないことに気付けるかがポイントです。

仕事や学業で忙しく、スキマ時間だけでは十分な勉強時間を確保できないときは、長期間で合格する計画を立てましょう。数年後の合格を目指し、少しずつ学習を進めるようにしてください。

模擬試験を受ける

独学で勉強すると、自分の理解度を客観的に把握することが難しいです。独学であっても、予備校などが主催する模擬試験を定期的に受け、理解度をチェックするようにしましょう。

特に直前模試は、その年の試験で出題が予想される問題が多く出ているため、必ず受けましょう。クレアールでは、行政書士試験の模擬試験の無料プレゼントなどを実施している期間もあります。独学の方は過去問以外の問題を解く機会となりますので、応募してみるのも情報入手の手段としては有効です。

先人の知恵を借りる

独学の方にとってYouTubeチャンネルはとっても便利です。言葉では何を言っているのが分からないことでも動画で説明されると理解できることが多々あります。

YouTubeチャンネルは法律解説・行政書士試験対策などジャンルは多岐に渡りますので、その時に自分が困った内容を計算して、先人の知恵を借りましょう。

独学で行政書士試験合格を目指す人におすすめの勉強法

独学で行政書士試験の合格を目指す人におすすめの勉強法を紹介します。ぜひ参考にして、効率的に勉強を進めていきましょう。

テキストを繰り返し読む

テキストを繰り返し読む勉強法とは、まずはサッとテキストを1周読んで全体像を把握し、次に科目や章ごとにじっくりとテキストを読み理解を深めます。同時に問題集で理解度をはかり、間違えたらテキストを辞書のように活用し、さらに知識を定着させます。

この際には必ず最新版のテキストや参考書を用意してください。法律には改正等があるため、古いテキストを使用すると改正前の誤った知識を覚えてしまうリスクがあります。

重要科目に重点を置く

行政書士試験で重要な科目は民法行政法です。民法と行政法だけで、行政書士試験の合計点数300点のうち188点を占めます

合格のためには他の科目も重要ですが、民法と行政法を重点的に学ぶことが大切です。時間を多めに配分し、効率よく合格を目指しましょう。

必ず過去問を解く

行政書士試験に合格するためには、過去問に取り組むことが必要不可欠です。毎年、類似する内容から多く出題されているため、過去問を中心とした学習が高効率的と考えられます。

テキストや参考書の内容をインプットし、問題集と過去問を解いてアウトプットすることで知識を定着させましょう。なお、過去問は学習初期の段階から活用してください。

「難しい」と思ったら通信講座を活用しよう

独学で行政書士試験に合格することは不可能ではありませんが、困難です。とりわけ法律関係の初学者に関しては、かなり厳しいといえます。

少しでも不安を感じたときは、通信講座の利用を検討してみてはいかがでしょうか。通信講座は通学講座とは異なり、好きな場所・時間で学べるため、自由度の高い学習が可能です。

クレアールでは、効率性を重視した「非常識学習法」を採用しており、短期合格を目指す人からも選ばれています。ぜひお気軽に資料請求やお問い合わせをしてください。

自分に合う勉強方法で合格を勝ち取ろう

行政書士資格の勉強は、独学でも可能です。しかし、スケジュール管理や試験情報や模試情報集めなど、すべて一人で行う必要があるため難易度が高いでしょう。また、学習中に疑問が生じても、独学だと解消することが難しくモチベーションがどうしても下がってしまうことも考えられます。

独学が難しいと思ったときは、予備校や通信講座の利用を検討してみてはいかがでしょうか。通信講座なら場所や時間を選ばず学習できるため、仕事や学業に忙しい人にとって便利でかつ、通学よりも費用を抑えられます。また、クレアールでは効率性の高い学習カリキュラムを取っており、短期合格を目指せます。ぜひお気軽にお問い合わせください。

「行政書士試験 非常識合格法」書籍
無料プレゼント!

  • 行政書士とは
  • 試験の概要と出題科目
  • 短期合格のコツ
  • 学習スタイル別アドバイス

この冬から2024年試験合格を目指す方へ!
短期間でも行政書士に合格できる勉強のコツが満載!是非ご請求ください。

【2024年合格を目指す!】初学者コース|学習経験者 中級・上級コース

監修:行政書士・社労士 田中 伴典さん

2016年に社会保険労務士試験に合格後、社会保険労務士法人のスタッフとしてお客様を外部からサポート。その後、民間企業の人事として内部からサポートしつつ、2021年に行政書士試験に一発合格を果たす。現在は、現役行政書士・社会保険労務士として自身の事務所を運営している。

田中社会保険労務士・行政書士事務所のサイトはこちら

講座パンフレットや特別セミナーDVDなどを無料でお届けします。

講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。

講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方はこちらからどうぞ。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次