Read Article

「クレアールの非常識合格法を信用して、テキストや配布される資料で十分」漆畑 俊作さん

漆畑 俊作 さん

相続税法合格

クレアールを選んだ理由

クレアールの税理士講座で財務諸表論と法人税法を合格することができたので、そのコンセプトや質の高さについては十分に納得できるものであったし、那覇校の充実した学習環境が非常に魅力的であったからです。

講師・講義について

相続税法に合格するためには、法規・通達集の理解が不可欠だと思います。当然ですが、理論・計算を問わず本試験問題は法規・通達集から出題されるからです。クレアールでは条文を重視し、常に条文を確認しながら条文の構成を理解するように講義を進めていきます。これは税理士試験に合格するための一番確かな学習方法であると同時に法律の専門化である税理士にとって税法を熟知しているのは当然であるという税理士像を明確に意識することができるので、学習に対してモチベーションを高めることができると思います。クレアールの講義を受けると、相続税法は他の税法に比べで項目ごとの理解が難しいという論点はあまりなく、とても親しみやすい科目のように感じることと思います。これは相続税法自体が身近なことがらを対象にしているというのもありますが、講師が実例を多用しわかりやすいテキストを使い、わかりやすい講義をしてくれているからだと思います。

私の学習方法

私は、講義の復習ではテキストと法規・通達集を意識して使い分けるようにしていました。テキストは試験範囲を網羅的に把握し理解するために使い、法規・通達集はテキストの内容がどのように記載されているのかを確認し、その内容の理解を深め体系的に暗記をしていくために使っていました。近年の本試験では応用理論と財産評価の一部以外は比較的解答しやすい問題が多いように思います。これは理解をより完璧に近づけなければならないということだと思います。そのため法規・通達集を使い多少の変化球には対応することができる力をつけるように意識して学習をすることが重要だと思います。

そして、相続税法の合格の決め手は応用理論と財産評価対策をどれだけ行えるかだと思います。特に近年の本試験の計算では、財産評価の占める割合がとても高くなっています。
まず、応用理論対策については皆さん悩まれるところだとは思いますが、結局近道はなく、個別理論の徹底暗記に尽きると思います。個別理論(特に"内容")を覚え、条文に従い"かたまり"ごとに"内容"を中心に横に流していく。抽象的ではありますが、相続税法を勉強したことがある方や、勉強を始めた方には容易にわかっていただけると思います。つまり、応用理論ができる、ということは個別理論の徹底した理解に基づいた暗記により関連する項目がわかり、かつ解答に反映することができることなのだと思います。

つぎに財産評価については、これもまたどこまで押さえるのかというやっかいな課題がついてきます。私は実務書を購入して読んでいましたが、結果的に効率よく試験の合格を目指すのであればそこまで必要なかったのかなと思います。クレアールは直前期には過去問対策や試験委員対策も講義に取り入れてくれますので、やはりクレアールの非常識合格法を信用してテキスト・配布される資料で十分合格をすることは可能だと思います。

受験仲間について

税理士試験を受験するにあたって受験仲間はとても重要だと思います。那覇校は受験仲間作りを積極的に行ってくれていましたので、幸運なことに受験仲間はたくさんいました。実務経験が豊富な方や勉強に対する意欲がとても高い方など、同じ試験を目指す方と話をすると自分の知識の欠損なども気づかせてもらうことができました。いずれは同じフィールドで助けあいながら仕事ができることを夢見ながら学習することもモチベーションの維持に役に立つと思います。

また、私は個別DVDクラスで受講していたのですが、那覇校はブースも広く清潔で快適でありましたし、DVD講義は集中力が欠けてきたら休憩をとることができたり、講義で紹介された理論の暗記を後回しにせず、一時停止にして覚えることができたので、その回の講義に対する集中力を保つことができたのならば、生講義よりも効果があるものだと思います。

最後に

今回相続税法を合格することができました。これは集中力のない私をいつも励ましてくれた那覇校スタッフの皆さんや、理解の遅い私と議論を交わしてくれた受験仲間など、私を支えてくれたすべての方のおかげだと思っています。まだ残りの科目がありますので、今後もご迷惑をおかけすることがたくさんあると思いますが、よろしくお願いします!

Return Top