Read Article

消費税法 講座 教材

テキスト

消費税法テキスト

A CHECK
重要な用語や法令用語などの説明を理解するうえでの誤りやすい事項などの解説を行います。
B 具体例
受験生が誤りやすい点や理解しにくい点を具体例としてピックアップし、理解の促進および誤った理解を防ぎます。
C 計算パターン
例題を解くにあたっての、答案用紙への解答手順、記載内容を明示していきます。解答パターンを知ることで、より計算の正確性と得点につながる解答の書き方を学びます。

計算問題集(個別問題編・総合問題編)

計算問題集は、個別論点をマスターするための個別問題編と総合問題に慣れるよう、総合問題編から構成されています。個別問題で知識の定着をはかり、総合問題で基礎的な箇所を確実に得点できる力を養ってください。

消費税法個別計算問題集

A レベル分け
個別問題編では、問題の重要度に応じてレベル分けを行っています。重要度が明示されていることで、より効率的に学習することができます。
B 総合問題集
早い時期から総合問題を解答することで、ご自身の苦手論点や解答できなかった問題を早い段階で把握することが可能になります。また、本試験のレベルを知ることで今後の学習上の対策を立てやすくなります。

理論問題集

消費税法理論問題集

A 理論体系表
理論問題集は理論体系表をもとにテーマごとに構成されています、課税の対象、納税義務者等から申告に至るまでの体系のなかで、原則や特例など要点やポイントごとにまとまった内容構成になっています。
B 厳選された理論
本番で他の受験生に差をつけるためには、条文を正確に暗記する必要があります。理論問題集は、本試験を見据えて合格に必要な最低限の条文を抜粋し、構成しています。そのため、暗記の負担を最小限にしつつ、得点を最大限に引き上げることが可能になります。
C 計算と理論の一体系
消費税に係らず、税法科目では、計算と理論を並行して学習することで、理解の相乗効果が実現されます。理論の学習で計算能力の向上、計算科目の知識で理論暗記の効率性を高めます。

答案練習(答練)

Web通信では答案練習はPDFダウンロードのみ利用できます。紙教材をご希望の方は別途オプション販売となります。

基礎期
基礎期では、講義の中で説明した、問題文の条件や指示の確認すべきポイントや仮計表の利用方法などの解答順序を含めた、消費税法の出題がどういうものかを理解するための答練になります。
応用期
応用期では、毎回出題範囲をもとに問題を出題させていただきます。計算で理解した内容を、理論として文字に変化できる能力や繰り返し出題される論点を中心により実践的な内容の問題になります。
直前期
直前期では、出題可能性の高い論点を中心に出題し、横断的な知識を必要とする問題や事例問題を中心に出題していきます。本番と同様の出題内容により本番での対応力を身に付けていきます。

公開模擬試験

試験問題は、過去の出題傾向や試験委員の特徴を分析して本試験での出題を予想して作成した、的中率の高い試験問題になります。また、独学者や他校で学習されている方にとっても、本番前の力試しや総仕上げにご利用ください。

 

Return Top