Read Article

「必要な部分のみが厳選されている教材(非常識合格法)だからこそ、ウエートの高い法人税法にも一発合格!」岡 良樹 さん

岡 良樹 さん

法人税法合格

1 受験の動機

私が税理士試験に挑戦しようと決めたのは、ずばり「自分の力さえあれば世の中で戦っていけるような武器」を獲得したいと決めたからです。
現在、日本経済は低迷の最中にあり、失業率も以前高い数値のまま推移しております。
『将来自分がリストラされてしまったとしたら』、『その後どこにも就職先が見つけられなかったら』...様々な不安が去来しました。現在もそのような不安がないわけではありません。
そのような状況の中で、何か一つ自分の武器になるものを持ちたいと思うようになりました。

それが私にとっての税理士資格でした。

最難関の国家資格の一つと言われている税理士資格を取得したいという気持ちが強く、合格に向けて努力しています。

2 クレアールを選んだ理由

① テキスト
クレアールのテキストは『非常識学習法』を取り入れています。
税理士試験は、一つ一つの科目が膨大な量となっており、独学で勉強していくとすると、どこまでの範囲をどのくらいまでやればいいのか全く分かりませんでした。
しかし、クレアールのテキストは必要な個所がコンパクトにまとめられています。したがって、そのテキストをこなすだけで効率よく税理士試験に合格できるまでの力を自然と身に着けることができました。

② スケジュール
私は通信講座を受講しておりましたので、授業が収録されたDVDがだいたい週単位で送られてきました。
独学で勉強するのであれば、自分自身で試験本番までのスケジュールを決め、かつそれをあきらめずにこなしていかなければなりません。
その点、クレアールですと毎週DVDが送られてきますので、それを受講し、勉強をきちんとこなしていけばよいことになります。
つまりスケジュールを自分で管理する手間が省けます。
また、そのクレアールのスケジュールに従ってきちんと勉強をこなせれば、税理士試験に合格できる力を自然と身に着けることができます。余計なことを考えなくてもよいということが、大きな利点でもあります。

③ 金銭面
税理士試験の勉強を行うにあたり、学費の出費は意外と大きな問題ではないか思います。その点、クレアールは学費がリーズナブルであると感じています。
やはり税理士試験は何年にも渡って挑戦し続ける試験であり、1年で完結するような試験ではありません。毎年試験勉強を続けていくために、勉強の面だけではなく、金銭面的にもクレアールは受験生の大きな味方となってくれていることを実感しています。

3 勉強仲間について

私は通信講座制でしたので、勉強を共に進める人間が周囲にいたわけではありません。同じ科目を受験しようとしている方々と情報共有することがない状況は、少なからず不安に思うものです。
「一緒に切磋琢磨できる環境」に頼りたいと思うこともありました。同じ目標に向かっている仲間が身近にいることは心強いと思います。

4 通信講座での注意点

通信講座は、自分の限られた時間を有効に活用できるという最大のメリットがあります。平日の講義をまとめて休日に受講できたり、家で受講できたりと、自由に自分の好きな時間に進めていけることは通信講座ならではの利点ですが、自分でプログラムをしっかり組んで、管理することが重要となります。

注意すべき最大の点は「自己管理」だと思います。
周囲と情報共有ができないことで、試験に関しての情報も得ることは難しくなります。
また周囲の勉強の進捗状況が全く分からない状況になることにより、「今日はここまででいいや」という甘えが生じてしまいます。勉強に集中したい一方、仕事を優先しなくてはならない立場にとって、融通の利く通信講座は、いかにしてモチベーションを保つか、明確な意思を持って取り組むことができるかということに尽きました。

また、勉強を行っていてわからない部分も当然出てくるかと思います。
通信講座では、不明な点に関してすぐに回答が得られるわけではありませんが、Eメール等で講師の方に問い合わせをすることにより、わかりやすく対応をしてくれますので、私自身そこまで不便に感じたことはありませんでした。

5 最後に

税理士試験は長丁場であり、時には勉強を疎かにしたい時があります。
そんな時に、「絶対受かるんだ」という気持ちを持ち続けることがどんなに重要かを強く感じています。

特に今回、私は一番ボリュームのある「法人税法」を受験いたしました。
範囲の広さによる量の多さが圧倒的に多い科目ではありますが、毎日欠かさず勉強時間をとること、繰り返し問題を解くことを継続して行いました。

何か特別なことをすることはなく、とにかく繰り返し身につくまで反芻することを心がけました。いろんな誘惑があり、それらを断ち切って家でもくもくと勉強することはとても苦しいことですが、冬に合格を知った時の達成感は格別なものです。家族も本当によく我慢してくれました。いろんな不安もありましたが、1年も無駄にできないと思うとモチベーションを上がり、やる気を維持することができたなと感じています。

Return Top